映画公開。。

~最近語~






雪徒
「何で続いてんの?」

優太
「オレに聞くなよ・・・
多分アレだろ、前回全く関係ないこと話してて、本来の目的を果たさなかったからだろう?」

雪徒
「それもそうか・・・
でも最近あったことか・・・
何があったっけ?」

優太
「だからオレに聞かれても知らねぇよ・・・
オレは劇場版ラブライブ!を全裸待機するのに必死なんだ・・・」

雪徒
「そう言えば前売り券第三弾を買ったわ!!」

優太
「ああ、あの花陽さんイベ中に発売されて、ぶっちゃけ入手を軽く諦めたアレか。」

雪徒
「そうそう、オレも第一弾、第二弾のことがあったから、今回も転売厨とか空気の読めない学生とかが徹夜で並んで売り切れちゃうもんだと思ってたから諦めてたんだよな・・・
オレは基本的に徹夜(基本的にはやっちゃダメです)はルール違反だと思ってるからやらないつもりだったし・・・
そうなると絶対に出遅れるから入手は困難なのは分かってた。
ついでにその日、妹が帰ってくる日で、さらに並んで買いにいける状況じゃなかったんだよな・・・」

優太
「オレも同じような感じでメダと一緒に変な依頼こなしにいかなきゃならなくて、二人で超ローテンションで依頼こなして帰ってきた記憶がある・・・」

雪徒
「だけど何か劇場によっては余ってるって情報が昼くらいにTwitterに流れ始めて・・・」

優太
「オレもそれは見たぜ!」

雪徒
「もしかしてと思ってちょっと検索かけてみたんだよ・・・
そしたら徹夜で並んでた人全員に整理券配っても余ってるみたいな情報が引っかかって・・・
夜になっちゃってたけど、諦めきれなかったからひとっ走り行ってみたら買えたわ。」

優太
「あれ、相当数に余裕を持ってたみたいなんだよな。
オレその次の日、メダとクレス連れて菖蒲のモラージュ行って買ったもん。」

雪徒
「転売対策だったんだろうか・・・
アレだけあったら、まず間違いなくほとんどの人に行き渡ると思うわ。」

優太
「最終的にBVCで普通に販売始まったしな・・・」

雪徒
「転売厨ざまぁ・・・って言いたいんだけどさ、こっちにも若干誤解を招くようなやり方されたから手放しに褒めにくいんだよな~~~・・・
いや、買えたから別にいいんだけどさ・・・
先着で無くなり次第終了ですだの、抽選販売しますだの・・・
限定物感だけはだしてたからな。」

優太
「まあまあそう言ってやるな・・・
ちゃんと買えたんだし、何も問題ないだろう。」

雪徒
「それもそうだな・・・
今回のユニット曲は、個人的にリリホワが最高だったな。」

優太
「分かる!『乙姫心で恋宮殿』メチャクチャ良い曲だよな!!」

雪徒
「オレ、特に凛ちゃん『来て』の部分で毎回鳥肌立っっちゃって・・・

優太
「あ、バカその話は・・・!」

雪徒
「え?」



メリッと何かが顔面にめり込むのに気付いたのは、体が吹き飛んでいることに気付いたのと同時だった。
ギャグ漫画でありそうなくらい、顔が陥没しながら、オレは壁に背中を強く打ち付けた。


雪徒
いてぇ!!!

メダ
「誰だ・・・いま、オレたちの凛に対してよからぬことを想像した阿呆は・・・」

優太
「まてメダ落ち着け!!
別によからぬことは考えていない!!」

メダ
嘘つけ!!
今完全にそういう感じのオーラを感じたぞ!!
恋宮殿に行って凛と恋したい的なオーラだった・・・!!
くそ、何をうらやまけしからん妄想しやがってくれてんだ!!
そんなことオレがしてぇよ!!!
もう何もかも忘れて踊りたいわ!!
どこにあるの恋宮殿・・・!
オレも凛を抱きしめて離したくない・・・・!!!

優太
「もうコイツホントとんでもない方向に行ってしまったな・・・
呼び醒ましてはいけない部分を掘り当てちまったようで・・・」

クレス
「ふふっ、まあそんなことは別にいいじゃないか・・・」

優太
「クレスも来てたのか・・・」

クレス
「何だか真姫ちゃんの話をしていたような気がしたものでね!」

優太
「お前ら二人共どういう共感覚持ちなの?
敏感すぎやしませんかホントに・・・
あ、ついでに真姫ちゃんならさっきまで居たぞ。」

クレス
マジでかぁぁあああああああああああああ!!!
へ、どこ、どこ行ったんですか!!?」

優太
「何かひとしきり話してから帰ったみたいだけど・・・
今から追いかけたら間に合うんじゃないのか?」

クレス
「そうか、それは良いこと聞いた!!!
じゃあオレはちょっとひとっ走り行ってくるぜ!!!
そして真姫ちゃんに踏まれてくる!!

優太
お前もそっち系の人だったの!!?
すべからく変態しか居ねぇなオイ!!」

メダ
「おい、オレは別に変態じゃないぞ。
オレは凛を抱きしめて赤面とかさせたいだけだ。」

優太
「お前は素直系変態野郎だな。」

雪徒
てか誰かオレの心配をしろよ!!

優太
「悪い完全に忘れてたわ。」

雪徒
「嘘つけ!!」

メダ
「それより、テメェか・・・
凛を使ってよからぬ妄想をしていた奴は・・・」

優太
「メダ、決め付け良くない・・・」

メダ
「いや、コイツのオーラを見れば一目瞭然だ!!
コイツ、凛がちょっといやらしい目にあう系の薄い本とかを確実に読んでいるオーラだ!!!

優太
「いや、それお前も一緒だろ・・・」

メダ
「ば、あ、アレはそういうのじゃねぇし!!
むしろ他の奴に買われて、使われるが嫌だっただけだし!!
べ、別に常用とかしてねぇし!!!」

優太
「へぇ・・・じゃあ、お前の部屋のタンスに隠してあるちょっとHな絵柄の凛ちゃん抱き枕はなんなの?」

メダ
「アレも別にそ、そういうのじゃねぇし!!
むしろ表面の健全な方にしか興味無いし!!
裏面とか全く見たこと無いから知らないし!!!

優太
「え、でもタンス開けたら、そのお前が言ってる裏面の方が前になってたけど?」

メダ
「ち、違ぇし!!
あ、アレは修行・・・そう、修行の一環だしぃ!!
あの凛を見ても何もやましいことを感じずに紳士な対応ができるようになるための修行だしぃ!!
だから別にオレはそういう用途でアレを使ったこととか無いしぃ!!!

優太
「メダ、お前もう完全に語るに落ちてるぞ大丈夫か?」

雪徒
「何かもう完全に最近あったこととか話す流れじゃなくなってるんだけど・・・」

優太
「そもそもお前、最近何かあったか?」

雪徒
「実を言うと、ぶっちゃけそんな変わったことしてない。。」

優太
「だよねーーーー。。」

メダ
「いや、ホントマジで違うからぁ!
完全に誤解だから!!
ネロと寝る以外はいつも凛とお昼寝とかしたりしてないしぃ!
オレは凛のことを純粋に1ファンとして応援しているのであって、ホントマジでそういうんじゃないんだよぉ!!!

優太
「メダ、もう分かったよ。
てか言われなくても分かってるよ。
オレもぶっちゃけ毎日花陽さんの抱き枕(完全に健全な奴)を抱いてお昼寝とかしてるよ。
薄い本とかも持ってるし、そういう気分の時もあるよね。。
大丈夫、みんなおんなじだから恥ずかしがらなくても大丈夫だ!!

メダ
いや、ホント誤解なんだーーーーーー!!!!
オレはホントはこんなキャラじゃないはずなんだーーーー!!!

雪徒
「彼の今後のためにもここで終わった方が良さそうな気がするんだが。」

優太
「ああ、閉めよう・・・
これ以上イジると流石にメダが壊れる・・・」

メダ
「違うんだ~~~、本当に凛のことをそんな目で見たりなんてしてないんだーーー!

優太
「ヤヴァイな・・・
想像以上に壊れてしまった。
これは機嫌直してもらうのが大変そうだぜ・・・」





続く?






はいどうも、気分で更新される「げ~むな日々」へようこそ。。
ついに昨日から劇場版ラブライブ!が公開されました!!
ヒャッフウーーー!早速見てきたぜ!!
いや~~、マジ面白かったわ~~~濃厚なまきぱなシーンとかあって個人的に大満足だったわーーー・・・
はい、嘘ですまだ見てないです。
正確には見には行ってると思いますが、この記事を書いてる時には見てません。
何でって、公開前に書いてるからね!!
早く明日になれよ!!
明日なんですよ公開日!!
既に席は取ってあります。!
真ん中より1つ2つズレてますが、まあ問題ないでしょう。
どうせ諸々の事情で4,5回は見に行くと思いますし。
そしてこんなこと言いたくないですけど、平日はどうせ空いてるから真ん中で優雅に見るなんてスグ出来るようになりますって割とマジで。
まあ、初週とかは人も大勢来るかもですけど、ネットで先に席が取れてしまうので、観やすい席を確保するのはそんなに難しいことじゃないと思います。
前売り券も4枚ほど所持してますし、コレと合わせれば回数見るのも問題無し!!
その代わり金銭的に、ちょっと余裕も無くなってきたので、色々切り詰めたりは必要かなとは思いますかね・・・
あ~~、早く劇場のスクリーンでμ'sのみんなに会いたい。。
花陽さんはきっと今回も可愛いんだそうに違いない。。
もう同じコマに入ってるだけでいいんで、真姫ちゃんとのツーショットシーンもあってくれ割と本気で。。
あ~~~、本当に明日が楽しみです。。。。(日曜更新の記事で明日とか違和感しか無いですけども)
それではまた来週お会いしましょう。
来週は映画の話もできることでしょうノシシ
スポンサーサイト
[ 2015/06/14 00:00 ] 小説(連載版) | TB(0) | CM(1)

久しぶりに見てみたら、こちらもほぼ1ヵ月ぶりに更新されていてびっくりしました。
私もこの1ヵ月大学の卒研がらみや就活がらみでいろいろ大変でしたよ。
この1ヵ月の間に凄いいまさらですが「ひぐらしのなく頃に」にハマりました。
何で完結して何年も経つコンテンツにハマってんでしょうねこの男は…
[ 2015/06/23 06:27 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osakituki.blog16.fc2.com/tb.php/454-2690965c