スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

結構真面目なスクパラレビュー。。

皆さんこんばんわ!ブルグ名に「げ~む」とか入ってるのに「げ~む」ネタを全くと言っていいほど書き込まない雪徒です!!
本日は更新日ではないのですが・・・
ちょっと最近ハマってやってるソフトのレビューを記事にしてまとめたいと思います。
あ、今回はツマラナイ二本の小説はありませんのでご安心ください。。
今回レビューするのはもうタイトルにも書いてあると思うので大体の見当がついておられる方も居ると思いますが・・・
「ラブライブ!スクールアイドルパラダイス」のレビューです。
まあ、今回なんでこのげ~むだけレビューすんの?みたいなこと思われてる人がいると思いますが・・・
アレだよ、ちゃんとしたレビューをしてあげれば、少しはこのげ~むを誤解している人にも何かが伝わるんじゃないかって思ってな・・・
このげ~む、とりあえず今のところ、かなり酷評されております。
まあ、酷評されるのも分からなくもないのですが・・・
多分その酷評の大半が、実際にやってない方の釣りレビューだと思われるので、あまり滅多な奴は信用しないでやってください。
しかしまあ自分もやってて全く不満に思う所が無いかと聞かれれば、「無いです」と手放しには言えません
それでも自分は面白いと思い、今もボチボチ攻略を進めています。
兎に角、前置きはこれくらいにして肝心のレビューをしたいと思います。
レビューは基本的に淡々と、良いところも悪いところもごちゃ混ぜにして書いていくので、結構読みにくいかもしえませんがご了承ください。
それと、レビュー中にはげ~む画面のスクショが使われています。
その中にネタバレを含むものもありますので、そういうの気にする人は見るのを控えてもらった方がよろしいかと。
パラダイスエンド見てる人なら問題なく見て大丈夫です。
それでは、始めさせていただきます。



タイトル
タイトル画面です。
OPムービーとかそういうのは無く、淡々と制作会社とかがボロボロ出てきてこの画面になります。
まあ、個人的にOPとか入れる容量あるなら曲数増やせと言いたい。
だから、無くて正解なのかもしれません。
メニュー1
メニューになります。
今回のレビューでは「ストーリー」、「フリーライブ」、「ライブミッション」、「部室」に重点を置いてレビューさせてもらいます。


まずはストーリー。
これはライブパートとADVパートを交互にやりながら進めていくタイプのキャラゲーによくありがちなスタイルです。
ストーリーの内容に関しては、個人的に可もなく不可もなくといったところ・・・
良く言えば王道?悪く言うと平凡。
別に期待していたわけでもないですが、とりあえずツマラナクはないかな程度のストーリーが展開されます。
合間合間にサブシナリオなるものが存在し、こちらはなかなか良かったです。
日常の一場面を切り取ったようなものが多く、個人的にサブのが面白く読んでいたかもしれません。
そしてこのストーリーモードは途中で分岐して、三つの結末のいづれかに行き着くようになっています。
普通にプレイしていると、大概の人がパラダイスエンド(正規エンド)に辿り着くと思います。
ライブの評価で分岐するのは構わないのですが、個人的に選択肢式にしてもらった方が分かりやすかったんじゃないかな~~とは思います。
因みに、げ~む開始直後はこの「ストーリー」しか選ぶことができず、「ストーリー」を進めることで順にモードや楽曲、衣装、ステージが追加されていきます。
なのでとりあえず「ストーリー」を進めないと何もできないので「ストーリー」をやりましょうってことです。
せめて「フリーライブ」くらいはやらせてくれても・・・と、思わなくもなかったのですが、些細な事なので気にしないことにしました。


ライブディスカッション1
続きましては「フリーライブ」。
これは「ストーリー」のライブディスカッションを自由に決めてやれるモードです。
「ストーリー」でもディスカッションは自由に組むことができますが、こっちではキャラに「~~が良いんじゃ。」みたいな事は言われないので、本当に自由に決められます。
推しのキャラに「あの曲でライブしたいです」とか、「あの衣装が良いです。」とか、「あのステージでやりたいです。」と言われたら僕は何があっても採用してしまうので・・・
「ストーリー」中は自由にディスカッションできませんホント。。
ライブ直前1
あと、「フリーライブ」では「PV鑑賞」があり、ライブパートを自動で流してくれる機能があります。
これは素直に良くて、普段は操作で忙しく、見る暇のないキャラの動きを逐一見ることができます。
もっぱら推しのキャラばかり目で追ってますが・・・
正直、コレのためだけに買われても問題無いくらい、これは完成されています。
まあ、同時に問題も無いわけではありませんが・・・それはのちほど。
しかしこの「フリーライブ」、一曲終わったあとは自動的にディスカッション画面に戻されます。
これが不満。
同じ曲を何度もやりたいって人には困る仕様です。
終わったら、もう一度やるか、やめるか聞いてくれる機能は欲しい所。
あと、無理かもしれないけれど、「PV鑑賞」も基本垂れ流しなので、早送り、戻しの機能くらい欲しい。
現状、見たいシーンだけ見るのは不可能なので、イチイチ最初から見直さないとならなかったりなのが面倒。
ここら辺はパッチとかでどうにかならないのかな・・・
折角のダンスシーン、もっとじっくりと見ていたいと思ったりするんですがね。


「ライブミッション」は、その名のまま、様々な条件を組み込まれたライブを攻略していくモードです。
ですがこのモード、一部のミッションが難しいとかってレベルじゃないです・・・
スコアの中に「25」を入れるとか言うのがあるのですが・・・
これ、完璧に運です。
狙ってやろうと思っても意外とできません。
なので何度もプレイさせられます。
結構苛立つので、こういう運が絡む調整ミッションはやめていただきたい・・・
これは難しいんじゃない、ただ面倒なだけです。
他にもノーツが消えるヒドゥンモード、ノーツがランダムに飛んでくる(リズムは同じ)ランダム、操作が逆転するミラーなど単純に難しいモードでプレイするものもあります。
単体だとまだ良いのですが・・・組み合わさると最悪です。
特にランダムミラー(ランダムノーツと操作逆転)が個人的に死ぬほど難しかった・・・
結構歯ごたえのあるモードだったとは思います。
作業感が強いのが否めませんが、スパイスがわりにはなっていたと思います。
しかし、苦労して全ミッションクリアしても直接的なトロフィーはもらえないのが残念。
最後までやると「ライブミッション」でしか入手できない曲が何曲か手に入るので、それ関連のトロフィーゲットのためにクリアは必須なので、実質やらない訳にはいかないモード。。


着替え1
「部室」ではキャラクターのプロフィールやボイスコレクション、衣装を着せ替えたりなどができます。
ですが、基本上半身しか映らないので、全身が見れないのが残念。
衣装選択する画面で申し訳程度に見れますが・・・
もっと大きく見たいんだよ!
あと、何故か着替えさせられるのに、キャラを回転させたりできません・・・
これは最悪です・・・
全身見れないまでも、背中くらい見せてくれてもいいじゃない・・・
別に超ローアングルからスカートの中覗いたりしないよ!!
こういうモードがあるんだから、キャラの回転くらいはできてしかるべき・・・
いろんな角度から花陽さん見せろよオラァァァ!!!(必死)
あと、地味に気になってるんだけれど・・・
部室内1
ここで着替えると、部室内でもそれが反映されて着たままになるんだよ。
だから、つまりはこのまま戻ってもこの衣装でメニューとかを案内してくれるんじゃねぇのヒャッホウ!!とか思ったら・・・
メニュー1
メニュー画面には全く反映されません・・・
どういうことなの???
データ紐付けされてないの?反映されるようにしてよ!!!
折角ある機能台無しにしかしてないよこれ!!
お着替えの意味まるで無いじゃんか!!
夏服花陽さん最強にカワイイけど、もっと他の衣装の花陽さん見たいんじゃオラァァァ!!!(必死)
あとさ、ちょっとそれに関係した話なんだけど・・・
このメニューで出てくるキャラはランダムなのね。
だから、Printempsの場合、穂乃果ちゃん、ことりちゃん、花陽さんの誰かが出てくるの。
これさ、固定とかしたいんだけど、できないんだぜ?
推しキャラ固定にして、推しキャラに案内して欲しい人が多いはずなのにそういう気の利いた機能がない・・・絶望したね。
だから、オレなんて花陽さんを求めて何度もメニューに戻ったりするもん。
全然出てきてくれないけど・・・
だから、ここのメニューで出てくるキャラを固定できる機能が欲しい、割とマジで。
ボイスコレクションには結構色んな種類のボイスが収録されていて、表情もそれに伴い変わったりするので一見の価値あり。


ここからは特にライブパートについて話したいと思います。
音ゲー部分の完成度ですが・・・
個人的にダメでした・・・
スクフェスを主にやっている自分からすると、処理落ちとかした時のやりにくさが半端じゃなくて無理です。
まあ、このげ~むは仕様上、コンボ数とかに重点はおかれておらず、スコアのみが重要視されます。
なので、リザルト画面にはスコアしかのりません。。
リザルト1
判定評価が結構細かく設定されてる割に、そこら辺のカウントは表示されないので、自分で見て数えてくださいみたいな感じです。
なのでハッキリ言います、音ゲー部分は正直ダメダメです。
かなり割りきってやらないと、ノックアウト必死です・・・
スクフェスをプレイしている人は、素直にスクフェスを練習しましょう。
処理落ちと書きましたが、毎度するわけではなく、こっちでステージや、ライブ演出等をいじくれば、全く処理落ちさせないことも可能です。
まあ、そのため何も考えないと、処置落ちすることもあります。
特にハードの限界と言われる9人同時に動かしてのライブでは、かなり処理を軽くするためにキャラのテクスチャー(特殊効果)が切られています。
花陽(9人)1
花陽(3人)1
これが比較画像になります。
上が9人時、下が3人(ユニット時)のもの。
かなり違いますよね・・・
自分も両方見るまでこんな違うとは思いませんでした。
でも、決して9人の時のキャラが雑だとは思いません。
自分はこれで全然満足なので、むしろかなり頑張ったんだろうなーーと思いますけどね。
3人1
あと、ライブフィーチャー時にもキャラ数が減るので、下のようなキャラに切り替わります。
やはりこのげ~むは3人(ユニット)で動かすことを前提に作られてるんだろうと思えるくらいに3人なら安定した動作をする。
3人だとどれだけ重そうなステージで、どんだけ重そうなライブ演出でも耐えてくれたりする。
やはり、3人なら見るのもやるのも問題なくこなせている。
でも、9人だと見栄えはいいものの、処理の関係である程度の制限がかかるといった所。
これを許容できるかどうかがこのげ~むをやる上で一番重要だったりする。
そしてなにより特筆すべきは、やはり曲数の少なさ。
こればかりは流石にどうも・・・
アレンジで水増ししても16曲しか入っておりません・・・
いくら今後DLCで増やすと言ってもこれはちょっと・・・
せめてアレンジじゃなくて普通に違う曲が入っているならまだ許せたんですが・・・
このアレンジも良いといえば良いのですが・・・
別に原曲が好きな自分からすると別に無理して聴いたりやる必要をまるで感じないレベルのアレンジです。
悪くはない。
でも聴き続けたいとは思わないと言った所。
DLC第一弾?も10月からと言うことで、今月中は何も無い状況です。
曲が来ないなら基本的に長くはやってられないですね・・・
それくらい、この16曲は少ないです。
まあそれぞれに難しめの譜面であるSリズムというのが存在するので、単純に32曲分はプレイできます。
でも意外とスグに終わります。


総合的に言うと、まあ完全に今後の展開次第です。
これが完成形で、コレ以上の発展は無いですと言われればこのげ~むには悪いけれど「クソゲー」の烙印を押さざるを得ません。
しかしまあDLCで曲やら衣装が増えていくのならいづれ中身の方は満たされていくんでしょう。
さらに、VITAのげ~むは物によりますが、結構頻繁にアプデが入ったりするので、意外とスンナリ不満に思っていた点が改善される可能性も。。
そうなればまたこのげ~むの評価も変わるでしょう。
最初から完成形で出せよとか思わなくもないですが・・・
最近の主流は、どうやら後から継ぎ足していく方向に変わりつつあるみたいなので、もうそういうことは言わないことにします。
とりあえず不満点ばかりが目立っていますが・・・
それはそれだけこのげ~むをやった証だと思ってます。
まあ、もっと書きたいことは多いのですが・・・
あまり不満点ばかりを列挙しても仕方がないのでここらで筆を置きたいと思います。
とりあえず、このげ~むが誰にオススメか・・・
それはもう完全に「ラブライブ!」という作品のファンで、あのキャラ達が完成形のダンスを歌って踊る姿を見てみたい人用。
つまりは鑑賞に特化した商品なんだと思います。
間違ってもげ~む性、特に音ゲー要素を求めてはいけません。(今後のアプデでかわるかもしれませんが)
音ゲーやりたいなら、スクフェスなりDeemoなりをやりましょう。
そちらの方が有意義です。。
以上、トロフィーコンプリートまでプレイした雪徒さんが思ったことをツラツラとレビューしてみた結果でした。。
まあ、もし聞きたいこととか、そいつは違うんじゃないかと思ったらコメントでも残していってください。
では、また何かありましたらお会いしましょうノシシ
スクパラ1
スポンサーサイト
[ 2014/09/01 20:36 ] ゲーム、アニメ、漫画 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osakituki.blog16.fc2.com/tb.php/422-bf7fea1c








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。