スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ワイナリーとか研修とか。。

真姫
「はぁ~~~~~~~・・・」


「真姫ちゃんどうしたの?
そんな深くため息なんてついて・・・」

真姫
「え・・・別になんでもないわよ・・・」


「何か悩み事かニャ?
何か悩んでるなら凛が相談にのるニャ!!」

真姫
「別にそう言うの期待して言ったわけじゃないし・・・」


「またまた~~ホントは聞いて欲しいくせに~~。
真姫ちゃんは本当に素直じゃないニャ~~。。」

真姫
「ホントにそんなんじゃないわよ・・・ただ、」


「ただ?」

真姫
「先週花陽に言われた、『真姫ちゃん大好き!結婚したい・・・。』って言葉が忘れられなくて・・・」


「何か一週間経つうちに変な言葉が追加されてるニャ!!」

真姫
「私だって結婚したいわよ!!!」


「ごめん真姫ちゃん!一回落ち着こう!!
何だか変なテンションになっちゃってるみたいだニャ!!」

真姫
「なに言ってるのよ!私はいつだって正常よ!!」


「そ、そんなことより・・・今週の過去物語はどういった話になるのかが気になるニャ~~・・・」

真姫
「どうせ先週見たく薄い内容よ!凛のみたいに!!


余計なお世話ニャ!!!

真姫
「何でこういう日に限ってまた花陽は用事で遅れてるのよ・・・
今のこの気持ちの昂りがあれば速攻で告白して・・・!」


「いやいや、真姫ちゃんヘタレだからそんなの間違っても言えないから身構えなくても大丈夫だと思うニャーー。。」

真姫
「そんなことないわよ!
私だって・・・!」

花陽
「ごめんねーー!遅れて・・・」

真姫
花陽――――――――!!!

花陽
は、はひっ!?な、何でしょう!??」

真姫
「私とけ・・・!

花陽
「け?」

真姫
「け、け・・・ケーキでも食べに行かない?」


「(想像どうりヘタレだったニャ・・・)」

花陽
「え、ケーキ?
う、うん・・・いいけど?」

真姫
「そ、そう・・・じゃあ帰りにでも二人で・・・」

花陽
「あ、凛ちゃんも行くよね?」


「え!?いや、凛は・・・そのう・・・」

花陽
「え、ダメかな?」


「り、凛は良いけど~~・・・えっとーー・・・」

真姫
「なにウダウダ言ってるのよ・・・
用が無いなら早く行くわよ、凛、花陽・・・」


「え、凛も行っていいの!?」

真姫
「別に、来たいなら付いてくればいいでしょ?
それとも、行きたくないの?」


「そんなことは無いニャ!!」

真姫
「じゃあ来れば?私は別に構わないし・・・(本当は花陽と二人きりが良かったけど)」


「真姫ちゃん・・・」

花陽
「良かったね、凛ちゃん。」


まーーきちゃーーん!
真姫ちゃん真姫ちゃん真姫ちゃーーーん!!

真姫
「はっ!ちょ、やめ!!急に抱きつかないでよ!!」


「照れてる照れてる~~!真姫ちゃんはやっぱりカワイイニャ~~!!」

真姫
照れてない!!!

花陽
「(二人共、本当に仲が良いな~~羨ましい・・・)」

↑結局何も分かってない上に勘違いしまくる子


~雪徒家のポスト~




「ナオさん」
おお、何かよく分かりませんが良かったですね!!(ホントどれくらいスゴイのか分からないけどきっと相当凄いんだろう)
その勢いでスクフェスまで始めてくれるなんてナオさんはなんて良い人なんだ!
まあ確かに普通にやる分には難しい曲は無いですから、地道にやっていけばそのうち慣れてくると思います。
難しい曲は別枠で用意されてるんで、慣れてきたらやってみてください死にますので。。
無料でもある程度はμ'sメンバーを揃えられますし、イベントに参加して規定ポイント貯めればSRも一枚ならもらえます。
できるだな地道にゆったりまったりやってあげてください。。
何かどこの短冊にも似たようなのはあるみたいですね。
どこにでもラブライバーは居て、そういうことを挙って書き込んでるってことですな。




「yさん」
楽しかったなら良かったです。。
ちょっと趣味全開の内容にしすぎたなと反省してますが、後悔はしてません。。
今後はしばらくこんな感じの日常回が続きます。
どうせ長い長いシリアス展開の前なので、ハッチャケられるだけハッチャケとこうかなと思います。。


~過去物語~最終幕「由紀篇」(2)


第二話「それぞれの日常~好きのカタチ~」



ネロ
「優太くんとはどんな感じなの?」



ネロの問いは直球だった。
まあ、変に遠回しに聞かれるよりは話が早いとは思う。
急に連絡があって、ネロとこの喫茶店でお茶をすることになった
少しの間を挟んで、私はストローから口を離し、その問いに返事を返す。


由紀
「どうって言われても・・・結局は普段とほとんど変わらないかな・・・
そりゃあ二人だけで出掛けることは多くなったよ?
でも、そういうの除いたらあとは付き合う前とほとんど代わり映えしてないかも。」

ネロ
「分かる。
メダも大体同じ感じだよ・・・
でもね、何だか前より接し方が柔らかくなった気がするんだよね。
最近はよく笑ってくれるようになったし。」

由紀
「え、メダって笑ったりもするんだ・・・
私、そういう所見たことないけど・・・」

ネロ
「あんまりそういう所見せたがる奴じゃないからね・・・
レアだよ~~、アレは。。」



嬉しそうにメダのことを語るネロの笑顔に、私は内心羨ましさを感じる。
そんな風に、自然と笑って話せる所とか・・・特に羨ましい。
私はまだ、優太とのことをそんな風に話したりできなさそう。
優太は私を特別に扱ったりはしないし、私もそれに習って特別今まで以上に接したりはしていなかったりする。


ネロ
「どうかした?」

由紀
「え、うん・・・何と言うか・・・付き合ってるんだからもうちょっと特別な接し方とかした方が良いのかなって・・・」

ネロ
「例えばどんな?」

由紀
「きゅ、急に聞かれても答え辛いんだけど・・・」

ネロ
「子作りがしたいとか?」

由紀
何か色々省略しすぎぃぃいいいい!!!
そ、そういうのはまだ早いと思います!!!」

ネロ
「え、まだ経験ないの?」

由紀
「そ、それは・・・あ、あるけど・・・こ、子作りは・・・まだ・・・」

ネロ
「あ、そういう意味か・・・
ごめん、ちょっと言い方悪かったね・・・
つまり、もっと肉体的に触れ合いたいってことね?」

由紀
「合ってるような合ってないような!?
と、と言うか言い方が卑猥じゃないかな!?
もうちょっとオブラートに包んでよ!
一応まだ昼間だよ!昼間の喫茶店で話すことじゃないと思います!!」



『何をそんなに騒いでるんですか?』


透き通るようなその声音に聞き覚えがあり、私は後ろを振り向いていた。
そこに居たのは蓮ちゃんだった。
手にはまた本を大量買いでもしたのか、大きな袋を二つ手に下げている。
蓮ちゃんはゆっくりとこちらに歩み寄ると、その手で椅子を引いて腰を下ろした。
そして手近に居たウェイトレスさんにコーヒーを注文して、こちらを改めて振り向いた。



「ふぅ・・・調度休憩したかったので、調度良かったです。」



蓮ちゃんは視線を両隣に置いた袋に落としながらそう言った。
よく見ると、手には袋の手提げの跡が残っており、その周囲が赤くなっている。
相当重いことが伺えた。


由紀
「また一杯買ったんだね。何の本?」


「友人の彼氏を奪う方法を勉強しようと思いまして、それ関連の本を少々。。」

由紀
「蓮ちゃん、笑えない・・・その冗談サッパリ笑えないよ!!」


「まあ、冗談じゃないですからね・・・」

由紀
そこは冗談だって言って!?
れ、蓮ちゃんにそんな方法習得されたら勝ち目ないよ!!」


「??? どうしてそう思うんですか?」

由紀
「だ、だって・・・優太って結局は蓮ちゃんみたいなタイプが好みそう、だし・・・」

ネロ
「あ、それは分かるな~~。
私も、選べるなら蓮を選びたいかも。。」

由紀
「フォローしてよそこは!!」

ネロ
「ごめんごめん。
最近の由紀、からかうと面白くてつい、ね?」



イタズラっぽく舌を出しながら笑うネロに軽く腹を立てつつ、私は自分の紅茶に口をつける。
先程から無駄にツッコミ役をやらされている所為で喉が異様に乾く・・・
ホント、こういう時に優太の苦労を知る・・・
優太も良くポンポンツッコミをテンポ良く毎回出来るものだ。



「まあでも、何度も言いますけど・・・
好みのタイプと、付き合いたいタイプは全くの別カウントですよ。
確かに優太さんの嗜好から想像するに、私のようなタイプに弱い傾向がありますね。。」

由紀
「いや、そこをそんな自信満々に言われても・・・」


「実際、私が多少強引に押してみたところ、満更でも無さそうでした。。」

由紀
「そういう事後報告要らないよ!!
自分に自信失くすから止めて!!!」

ウェイトレス
「お待たせしました、コーヒーになります。」



ウェイトレスさんが蓮ちゃんの注文したコーヒーを運んでくる。
湯気の上がるコーヒーカップに蓮ちゃんは二つほど角砂糖を落とした。
それをスプーンでかき混ぜながら、視線はカップに向けつつゆっくりと口を開いた。



「自信、無いんですか?」

由紀
「え・・・そ、そりゃあ蓮ちゃんと比べられたら色々自信も無くすよ!
知的でキレイだし、スタイルも整ってるし・・・おまけに清楚で可憐で・・・お姫様で・・・」



尻すぼみになっていく言葉・・・
その一つ一つが私から少しずつ自信を奪っていく。
表情も暗く沈んでいくのが分かる・・・
どうも最近ダメだ、スグにこういうことを考えちゃう。



それでも、優太さんは由紀さんを選びましたよ。



耳に響いたその言葉に、視界が晴れていくのが分かる。
前を向けば、少しだけ微笑んだ蓮ちゃんの顔・・・
その表情は、笑っているけれど・・・どこか悔しさをも感じさせる表情だった。



「優太さんは、由紀さんを選んだんです。
それは変わらない事実ですよ・・・
だからもう少し胸を張ってください、じゃないと・・・私が少し惨めじゃないですか・・・」

由紀
「蓮ちゃん・・・」


「それに、油断していると・・・本当に私が横から奪ってしまいますよ?」



冗談めかした微笑み・・・
それが今は何だかとても素直に受け入れられた。
それがきっと励ましの言葉なんだって思えたから・・・


由紀
「そうだね、気をつけるよ。
でも、優太は渡さないよ・・・だって、優太のこと好きだからね!」


「それが聞けて何よりです。」



蓮ちゃんはカップを口元に運び、一口飲む。
ふぅ、と吐いた息が白く上空に消えていく。
ふと、空に視線が泳ぐ。
晴れ渡った清々しい冬の空・・・
私は二人を誘い、買い物にでも行くことにした。
蓮ちゃんが、せめて本を持ち帰ってからにさせてくださいと言うので、手分けして『暁館』に持って行ってから出直した。
たまには女の子だけで遊ぶ時間も大事だなって、今日は思った。。









「寒いな・・・」

愛依
「寒いね・・・ちょっと薄手すぎたかな・・・
コート着てくれば良かったな・・・」



街を二人並びながら歩く。
愛依は寒そうに肩を震わせていた。
私は視線を走らせ、どこか暖かい場所はないものかと探す。
すると、一軒だけ入れそうなカフェを見つける。
私は愛依の手を取るとその方向へと歩き出した。


愛依
「カナちゃん、どこ行くの?」


「少し体を温めよう。
愛依の手、随分冷たくなってるみたいだし・・・」

愛依
「う、うん・・・」



思ったよりぎこちないその反応が少しだけ気になったけど、追求はしなかった。
聞くにしても、店に入ってからでも遅くはないだろうなと思えたからだ。
ドアノブに手をかけ、回すとドアが開く。
それと同時にドアに付けられていたのだろう、ベルの音が店内に響き渡った。


店主
「いらっしゃい。」



初老の爺さんが会釈をしながらこちらに向き直る。
手だけでこちらへどうぞと言いたげにカウンターへと案内される。


店主
「何になさいますかな?」


「私はコーヒー。
愛依はどうする?」

愛依
「うーーーん、同じでいいよ。」


「じゃあ、コーヒー二つお願いします。」

店主
「コーヒーにも色々ありますが、何かご希望はありませんかな?」


「うーーーん、銘柄は詳しくないからなーーー・・・適当に爺さんのオススメをお願いするよ。」

店主
「そうですか、それでは少々お待ちくだされ。」


「愛依、寒くない?」

愛依
「うん、このお店に入ったら少しだけ温まったよ。
やっぱり一回帰ってからコート取ってからでもいいかな?」


「別に良いよ。
私も無理に誘ってごめん・・・」



そもそも今日は愛依と何か約束をしていたわけじゃなかった。
ぶらりと出た街中で偶然にも愛依と会ったので、散歩がてら一緒に遊ぼうと誘ったのが始まりだった。
愛依の方の方もたまたま軽い気持ちでぶらりと出て来ていたようで、スグに了承してくれた。
まあ、軽い気持ちで出て来ていただけだったからか、随分と軽装で出て来てしまっていたらしく、先程から寒いと体を震わせていたという訳だ。


店主
「お待たせしました。」



そうこう言っているうちに、注文したコーヒーが出される。
私はそのまま一口だけコーヒーを飲む。
すると、口の中に柑橘系の心地よい甘味が広がる。
個性的な風味だけど、とても美味しく感じた。



「美味しい・・・これは何て奴なの?」

店主
「それはキリマンジァロじゃよ。
個性的な風味が効いていて、中々美味しいでしょう?」


「うん、私全然こういうの分からないけど、これは美味しいって思うよ。」



私はほとんど一気に近い感じで、コーヒーを飲み干す。
キリマンジァロ、か・・・
美味しかったからエリスにでも頼んで今度からはコーヒーはコレにしてもらおうと思った。


愛依
「カナちゃん凄いね。
ブラックなのに一気に飲み干しちゃうなんて!」


「え?ああ・・・苦いのは嫌いじゃないから・・・」

愛依
「そうなんだ。
じゃあ、甘いものとか嫌い?」


「甘いものも好きだよ。
別にこれといって嫌いなものがないだけで・・・
あ、あったわ嫌いなもの・・・納豆が地味に苦手なんだ・・・
アレは出来るなら食べたくないマジで・・・」

愛依
「あ、ああ・・・アレは苦手な人も多いよね。
そっか、納豆は嫌いなんだ・・・覚えておくね。」





その後、愛依の体が温まった辺りで喫茶店を後にした。
ゆっくりと『暁館』に戻る道すがら、愛依がポツリと零す。


愛依
「ねぇ、カナちゃん・・・カナちゃんは、女の子同士って変だと思う?」


「え?何の話だ??」



女の子同士??
はて、それだけだと何を聞きたいのかよく分からず、私は愛依に聞き返していた。
しかし愛依は、頬を染めると俯いて頭を何度も左右に振り始める。


愛依
「あ、別に深い意味とかはなくて・・・!ちょ、ちょっと友達がそう言うので悩んでたから・・・」


「そういうのって?」

愛依
「そ、その・・・お、女の子同士で付き合うのって変なのかなって・・・」



付き合うと言うワードを聞き、ようやく話を理解した。
世の中にはそういうこともあるらしいことはユータから借りたアニメを見て知っている。
だから、私は何の気も無しに軽く返していた。



「別に変じゃないと思うけどな、私は・・・
本当に好きなら、性別とかそういうのなんて瑣末な問題じゃないかな。。」



それを聞いた愛依の顔がさらに赤く染まり、耳まで真っ赤になっていたから何事かと思った。
他人の話のはずなのに、なんでこんな恥ずかしがってるんだろう・・・
あ、もしかしてそういうの想像しちゃって赤くなってるんだな・・・
愛依は本当に可愛いな・・・
内心そう思いながら、ニヤニヤしそうになる口元を軽く抑えつつ、愛依の反応を待った。


愛依
「そ、そっか・・・そうだよね。。」


「うん、そうだよ。
好きなら、きっとそれが正しいんだよ・・・
そう思う・・・思えるようになった、かな・・・?」



ボンヤリと空を眺める。
少し雲が出て来ていたけれど、青く透き通った冬の空が広がっている。
そっと愛依の手を取った。
その手を握り、微笑む。
愛依も微笑み返してくれた・・・
満たされてる、幸せだな・・・
こんな風に感じられるようになったのも、きっと、何だかんだ言いつつもあの馬鹿兄のお陰なんだろうな・・・
そんなことを考えながら、ゆっくりと足を踏み出す。
ゆっくり、愛依と手を繋いで歩く、こんな平和で和やかな時間が、ずっと続けばいいのに・・・
そう思いながら・・・





続く。。
スポンサーサイト
[ 2014/07/11 00:00 ] 小説(連載版) | TB(0) | CM(1)

今週は台風を警戒して過ごしたのに結局月曜しか振られませんでしたよ。
今日なんか実験の発表の練習があったのに前日にTAの先輩から台風のことを考慮して来週に延期するってメールが来たのに、当日はすこぶる晴れるし。

そしてスクフェスの方は真姫ちゃんはいっぱい出るのに(SR 1,R 3)花陽は一枚も出ませんし…
花陽だけなんですよ出てないのは。
[ 2014/07/11 13:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osakituki.blog16.fc2.com/tb.php/415-1f04b508








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。