今週から再開。。


「何だか最近暑くなってきたニャ・・・」

真姫
「まあ、夏なんだし当然なんじゃないの?」


「あれ、何で真姫ちゃんが居るニャ?
ここは凛とかよちん二人だけのパラダイスじゃなかったのかニャ??」

真姫
「何よそれ、イミワカンナイ・・・
花陽は何だか用があって遅れるみたいだから代わりよ代わり。」


「そうだったんだ。
それを早く言うニャ!凛は別に真姫ちゃんでもウェルカムだから良いニャ~~。。」

真姫
「そう。で、今週は雪徒の私生活に何があったのかしら?」


「雪徒さんがキスタップで真姫ちゃんを引き当てたそうだニャ!!」

真姫
ヴェエエ!?キスタップ!??


「キスタップとは!とは・・・
真姫ちゃん、説明ヨロシクニャ・・・」

真姫
「分かんないのに言ったの!??
えーーっと、つまりアレよアレ・・・
タッチ操作とかをキスでするやつでしょ?」


「そのとうりニャ!!」

真姫
「分かってるならちゃんと説明しなさいよ!!」


「えーー・・・だってそんなこと説明するの恥ずかしいニャ・・・」

真姫
「私だって恥ずかしいわよ!!」


「真姫ちゃんは普段から、かよちんとレズセックスしたいとかよく言ってるから恥ずかしく無いかなって・・・」

真姫
「そ、そんなこと言ってないでしょ!?」

花陽
「え、何の話?」

真姫
花陽!?


「真姫ちゃんがーー、かよちんとレズ・・・」



ズビシッ!!


真姫
「それ以上言ったら叩くわよ・・・」


「叩いてから言うのは無しでお願いしたいニャ!!」

花陽
「れ、レズs??な、何のこと??」

真姫
「いいのよ気にしなくて・・・」

花陽
「???」


「とりあえず、真姫ちゃんがかよちんのこと大好きって言ってたニャ。。」

真姫
はぁああ!?
ちょ、凛!何言ってるのよ!!」

花陽
「そうなんだ・・・花陽も真姫ちゃんのこと大好きだよ。。」

真姫
「そ、そう・・・」


「照れてるニャ!真姫ちゃん照れてるニャ!!」



ガスッ!!


真姫
「それ以上言ったらグーで叩くわよ・・・」


「だからやってから言うのは反則ニャ!!」





続く。。


~雪徒家のポスト~




「ナオさん」
おお、もうそんなに見ていただけたんですか!
とりあえずツマラナすぎて三話で切られたらどうしようか心配してました。。
大体の人がアニメを見ると確実と言っていいほどに真姫ちゃん好きになるのでこの流れは読めてました。
棒読み・・・そんなにみんな酷かったでしたっけ・・・
まあ、オレはもうそんなの気にならないくらいは好きで盲目になっちゃってるのかもしれませんね。
ま、そのうち慣れちゃうんじゃないですかね。
元々声優目指してたわけじゃない人も居ますのでそこら辺は平にご容赦をって感じなんですよ。
スクフェスのことですね。
あれはそもそもスマホの性能が低いとまともに動いてくれないアプリですからね・・・
オレも最初は性能が低くて出来なかったんですけど、タブレット買って出来るようになったらやっぱりハマりました。
推しキャらのサイドストーリーをちょっと見たいとか、μ'sのみんなに毎日会いたいとかそういうのでもなければやらなくても大丈夫ですよ。
それと、スクフェスやるとほぼ確実に推しキャラ変わったりするのでやらない方が良い場合もあります。。(現に自分もスクフェスやって自分の推しキャラに目覚めました)
最近ラノベも読まなくなったな・・・
本気でそういうのに回す時間の余裕もなくなってるってことなんだろうなーーー
読みたい奴はそれなりにあるんですけどねーーー・・・。。


~過去物語~最終幕「由紀篇」(1)


第一話「それぞれの日常~仕込み済み~」




全てが終わったあの日からもう二年が経とうとしている・・・
あの時、オレにとっての全てが終わった。
文字どうり、『全てが』だ・・・
全てに絶望し、死んでしまいたいとさえ思っていたあの辛かった過去の日々。
あの頃のオレは想像もしていなかっただろう。
いまこの瞬間、こんなに日々を過ごすことが楽しくて堪らなくなるなんて・・・
だからオレはこの気持ちを伝えたい・・・
この場所へオレを連れてきてくれた彼女へ、この『奇跡』だとさえ思える出会いの全てに・・・
ただ、ただ感謝を伝えたい・・・
たった一言、「ありがとう」と・・・
この言葉が、キミへ届くようにと、ただこの空へ想いを馳せながら・・・










頬を撫でる風が冷たく感じ始める今日この頃・・・
オレは何故か路地裏を走っていた。
正面にはオレから逃げるように走っている男が二人。
一人は小太り、もう一人は細身で長身の男だ。
よく見るパターンの組み合わせではある。
オレはある事情から何故かやりたくもない仕事を請け負うことになってしまっていた。
本来ならあるイベントのために力を溜めておきたかったというのに・・・


優太
「ったく・・・今日は16時からイベント始まるから忙しいっつってんのに・・・
メンドクセー・・・」



溜息を吐きつつ、オレは足に『魔力』を練り込んで飛んだ。
『速鳥』。
既に初歩の初歩であるその肉体強化術を使い、オレはまず路地の壁へと飛んでいた。
そして、その壁からさらに『速鳥』で飛び、二人の前へと降り立つ。
二人の表情が氷付き、視線が泳ぐ。
視線がある一点で止まった。
二人の右側に細い路地が続いていたのだ。
間髪入れず、そちらに走って行く二人。
オレは静かにそれを見送った。
何故なら、最初からそこへ誘導する段取りだったからだ。


優太
「おーーいメダーー、そっち行ったぞーーー。。」



オレの言葉を合図に、二人の視界上方・・・
空き家になっているその家の二階窓が勢いよく開き、そこから人影が一つ降り立ち、二人の行く手を塞いだ。


メダ
「『ギルド』の者だ!自主的にお縄につくなら、まだ軽い処分で済むぞ?」

小太り
「な、舐めんな!ガキが!!!」



小太りの男が懐から鋭利に輝くナイフを取り出した。
それを口元に持っていくと、怪しい笑みを浮かべながらその刀身に舌を這わせる。


小太り
「よーく見たらまだまだションベン臭そうなガキが二人じゃねぇか・・・
こんな奴らなら逃げる必要はねぇぜ・・・
調度良く路地裏な訳だしよぉ・・・誰かが死んでても誰も気付かないかもなぁ!!」



小太りの男がメダへとナイフを構えながら突っ込む。
と言ってもただ走っているだけなのでかなりスローだ・・・
それを見てか、細身の男もそれに習い、懐から拳銃を取り出してオレにその銃口を向けた。
次の瞬間、路地裏に二つの乾いた音が響き渡る。
説明するまでもないが、小太りの男が『速鳥』で瞬時に踏み込んだメダに鳩尾を強打された音が一つ。
もう一つは、同じく『速鳥』で踏み込んだオレが細身の男を投げ飛ばした音だ。
両者完全に気を失い、その場に倒れこむ。


優太
「ふぅ、終わった終わった・・・」

メダ
「バカ、ちゃんと本部に連れ帰って報告するまでが仕事だろうが。」

優太
「んーー、まあそれもそうか。」



オレは手近にあったビニールヒモで二人の手を縛る。
その間、メダは本部に連絡しているのか、携帯で通話をしている。
通話が終わり、携帯をしまいながらメダがこちらを向く。


メダ
「近くに循環員が居るから、その人達に預けてくれってさ。
報告もついでに済ませたからこれで終わりだ。」

優太
「マジ?じゃあもう帰ってもいい!?」

メダ
「どんだけ帰りてぇんだよ・・・」

優太
「そりゃあお前・・・
朝っぱらからずーーーーっとこんな奴らしょっ引くのに付き合わされてりゃあ帰りたくもなるわ!!!」



今朝、今日は最近ドハマりしているスクールア○ドルフェス○ィバ○・・・
通称「スクフェス」のイベントが始まる日なので、指を温めるがてら一日部屋に篭ってようと思っていた矢先、何故かメダが来て「付いて来い」と一言だけ言われ、そのまま引っ張られて行った結果・・・
何故か王都内で頻発している盗難やら、違法入国者だのを捕まえて回るという仕事をするハメになった・・・
今日だけでもう14件は片付けた・・・
思ったよりも王都内もそういうゴタゴタが多いんだなと思いつつ、なんだかんだと付き合ってはいたが、もう限界だ・・・
イベント開始までもう一時間を切っている・・・
流石に帰りたい!切実に!!猛烈に!!!熱烈に!!!!!


メダ
「まあ今日だけで残り一つまで片付けられたしな・・・今日じゃなくてもいいか・・・」

優太
「え、何の話だ?」

メダ
「いや別に・・・
それより、何でそんなに帰りたいんだよ?
誰かと約束してるとかか?」

優太
「ああ、迎えに行かなきゃならない大事な人が居るんだ・・・」

メダ
「・・・・・、か?」

優太
「ああ・・・」



オレの真剣な声音に、メダの瞳が何かを悟ったかのように閉じられる。
そして親指で自身の後ろを指しながら、通る声で一つ、


メダ
「行けよ・・・大事な人なら尚更だ・・・
早く行って、かっ攫って来い!」

優太
「メダ・・・悪いな!!
オレ、往くぜ!!絶対今日中に『かよちん』をお迎えしてみせるぜ!!!



メダの顔が「は?」と言いたげな感じで崩れる。
そして次の瞬間には当然の問いが返ってきた。


メダ
「かよちん・・・?だ、誰だよ・・・」

優太
「え、オレが今一番ハマってる『○ブラ○ブ!』に出てくるキャラの一人で・・・
オレが推してる子だけど?」

メダ
「え?え?え?」

優太
「いやだから早く帰って花陽さんを迎えに行かないとならないんだって!」

メダ
イミワカンナイんだけどぉぉおお!??
お前さっき大事な人迎えに行くっつったよな!?
それって由紀のことじゃねぇの!?話の流れからして!!」

優太
「誰も『由紀』を迎えに行くなんていってねぇだろ!!」

メダ
「いや、言ってなかったけど・・・!
そこはそういう流れじゃないのかなって思うだろ!?
開幕のモノローグから考えてもそうなるじゃん普通に考えて!!」

優太
「だったら最初の地の文からずっと『今日はイベント』って書かれてたろうが!!
そういう所からちゃんと読み取れやアホ!!」

メダ
「そういうメタ発言やめてくれる!?
オレは地の文とか読めないからね!
そもそもお前の心象描写な訳だし、オレに介入の余地とか無いからね!!」

優太
だぁああ!!こんなこと話してる時間も惜しい!!
話は後だ!オレはもう帰る!!
待っててね、かよちーーーん!!
オレ絶対今日中に迎えに行くからねーーー!!

メダ
「って待てコラァ!!話は終わってねぇぞ!!!」



オレは全力疾走で路地から飛び出すと東街に向けて足を走らせた。
後ろからメダが全力で追いかけてきていたが、そんなことは別に気にする必要もないかなって思った。。


メダ
おいいぃぃいいいいい!!!
待てっつってんだよ!!話聞け!!むしろ聞いてください!!!」

優太
「知るか!オレはもう花陽さんのことしか考えられないんじゃあああああああああ!!!
艦これがナンボのもんじゃーーい!!
スクフェスの時代がスグにくる!!」

メダ
知るかぁぁ!そんなことぉおおおお!!!







『暁館』に帰るなり、オレは自室に転がり込んだ。
とりあえず玄関口でエリスに会ったので、夕飯は食べるけどできれば手早く済むものが良いこと、ついでにメダも付いてきたので、後でいいから飲み物とかつまむ物を部屋に持ってきてくれとだけ伝えておいた。
エリスは快く快諾してくれた。
こういう時にエリスは本当によく働いてくれて感謝の気持ちで一杯になる。
エリスを雇って正解だったな~~と思いつつ、机から椅子を引き、腰掛ける。
オレは最近Androidタブレットから買い替えたiPadAirを起動し、起動画面の花陽さんにちょっとニヤつきつつスクフェスを起動した。
そして開始時のボイスが花陽さんだったことに可能性を感じつつ、データをダウンロードしてイベントを始めた。
その時だった、ドアをノックする音が部屋に響く。
エリスだなと思ったので「どうぞ」と一言だけ言いながら、手元ではシャンシャンを続ける。


エリス
「失礼します。
お飲み物とお菓子をお持ちしました。」

優太
「悪いな無理言って・・・適当にそこら辺に置いといてくれ。
てか、メダに渡してくれてもいいぞ。」

メダ
「あ、持ちますよ。」

エリス
「いえ、大丈夫です。
お気遣い頂いきありがとうございます。
テーブルの上に置いておきますね。」



エリスはテーブルの上に器を置き、そのまま「ではごゆっくり」と一言残し、その場で一礼すると部屋を出て行った。
器からグラスを取り、メダがその中身を半分ほど飲んでから話し始めた。


メダ
「で、それは何なんだよ。」

優太
「さっきも言っただろ?オレがハマってる作品のげ~むだよ。」

メダ
「そんなに面白いのか?」

優太
「げ~むが?作品が?」

メダ
「両方。」

優太
「面白いよ。
少なくともオレはそう思うし、だからこそ今もこうやって必死にやってるわけだからな・・・
気になるならアニメのBlu-rayそこにあるから見てれば?
1期は全13話だからスグに見終わるぞ?」

メダ
「ふーーん・・・どういう作品なんだよ。」

優太
「まあざっくり言うと、学校が廃校になりそうだからスクールアイドルっていう作品内で流行ってるのになって、学校を廃校から救おうって言う話だよ。」

メダ
「そ、それは面白いのか?」

優太
「だから、それはお前が見て決めろって・・・
今までオレが薦めて面白くなかった作品、あったか?」

メダ
「・・・・・ま、3話までは見てみるか・・・」



オレは内心ほくそ笑む・・・
ライバー一人ゲット、と・・・
基本的にメダはチョロいから3話まで見たら確実に引き込まれる。
今までの作品傾向からいっても、オレとかなり似たような趣向をしているから絶対にハマる。
仲間ができそうで何よりだわ~~。。


~1話鑑賞中。。~


メダ
「ふむふむ・・・そういう話か・・・
なかなか熱いな・・・
てか急に踊りだしたぞ!しかもCGと手描きが組み合わさってるだと!?
く、クオリティ高いな・・・流石はサンライズ制作・・・」

優太
「(思ったとおりのリアクションで面白くないな・・・)」



~2話鑑賞中。。~


メダ
「地道に頑張るな・・・
スポ根要素強めで良いなーーー。
西木野さん、結局曲作ってくれるんだ・・・チョロいな・・・」

優太
「(お前もな・・・)」



~3話鑑賞中。。~


メダ
「・・・・・・・・・・(完全に魅入ってる)」

優太
「(あ、これは確実に釣れたな・・・完全に魅入ってるよコイツ。。)」


『優太様!お夕飯の支度が整いましたーー!』

優太
「おう!スグ行く!
メダはどうする?多分用意してくれてると思うけど・・・」

メダ
「え?あ、おう・・・じゃあ頂いてこようかな・・・」

優太
「早く続きみたいもんな。。」

メダ
「はぁ!?べ、別にオレはどっちでもいいんだけど、お前がそこまで言うなら見ていくかな!
どうせ暇だし!?」

優太
「(分っかりやすいニャーーー・・・)」



~4話鑑賞中。。~


メダ
「一年生回か・・・
お、これが優太の言ってたかよちんか・・・
確かにカワイイ・・・
ちょいちょい出て来てたけど、結局入るんだよな・・・OP見る限り・・・」

優太
「(OPだの、細かい所を覚えてる時点でもう視聴確定だな・・・落ちるまで時間はかからなかったか。。)」

メダ
「って言ってる間に凛と真姫に引きづられて・・・うわーーーー!!!」

優太
「(あれ、数話のうちに呼び方変わってるぞコイツ・・・なるほど、一年生が好きなのか・・・?)」



~5話視聴中。。~


メダ
「あ、ついにあのツインテールの子が入るのか・・・
てか凄い服のセンスだな・・・」

優太
「(やっぱり服装については突っ込むよなーーー普通。)」



~6話視聴中。。~


メダ
「センターか・・・オレはり・・・いや、穂乃果が良いと思うな。」

優太
「(今こいつさらりと『凛ちゃん』って言いたかったんじゃないのか?
つまり、コイツの推しメンは凛ちゃんか・・・
初見から凛ちゃんを推すとは中々分かってるな。。
流石はメダだぜ・・・もう抜け出せない所まで来たな・・・)」

メダ
「おお!3話以来のライブシーン!毎回凄い演出だな~~・・・」



~7話視聴中。。~


メダ
「おお、やっと絵里を引き込むために・・・ってテスト勉強だと!?
この流れでまたこういう回か・・・
と思ったら海未が・・・う、うおおおお!!そ、そんなまさかの展開だーーー!!」

優太
「(思った以上にハマってしまってて逆に怖くなってきた・・・)」



~8話視聴中。。~


メダ
「な、何だと!?そうくるのか!?
これは泣けるぜ!!
絵里もホントはそうしたかったんだな・・・
くぅ!人間ドラマもあるなんて、なんて隙のない作品なんだ!!」

優太
「(どうしようこれ、完全にステマか何かと勘違いされないだろうか・・・)」



~9話視聴中。。~


メダ
「ことり回か・・・
ふーーん、息抜き回かと思ったら、なんかの伏線かコレ・・・」

優太
「(伏線に気付いてしまうくらい見込んでやがる・・・
コイツは目覚めさせちゃならん奴を目覚めさせちゃったんじゃないのか・・・)」



~10話視聴中。。~


メダ
「こ、ここにきてこういった回を入れてくるなんて構成大丈夫なのか?
もうあと3話しか無いんだけど!!
でも面白いから見てしまうぜ・・・!」

優太
「(どうしよう、メダが良い感じに宣伝してる!○ブ○イブ宣伝しちゃてる!!)」



~11話視聴中。。~


メダ
穂乃果ぁぁああああああああああああああああああ!!!!!(絶叫)

優太
うるせぇえぇええええバカ野郎!!!
叫びたい気持ちは分かるけどそこは堪えろぉぉおおおおおお!!!!!

メダ
「だって、だってよぉ・・・!!
う、うおおおおおお!!!は、早く続きを!続きをおおおおお!!!

優太
「お前、自分のキャラ見失わないでねホント・・・」



~12話視聴中。。~


メダ
「・・・・・・・(完全に魅入っている)」

優太
よっしゃああああ!!!
ついに届いたぞ、かよちんGETキタコレーーーーー!!!!!

メダ
黙ってろ!!!いま良いところなんだよ!!!!!

優太
すんませんしたーーーー!!!てかお前ハマりすぎぃぃィィィいいいい!!!



~最終話視聴終了。。~


メダ
「・・・!くそ、目から汗が・・・!
良かった!スゲェ良かった・・・!
くそう、こんな良い作品が終わってしまうなんて・・・何だか途端に喪失感が・・・!」

優太
「それの続きなら放送されたぞ?もう終わったけど・・・」

メダ
マジかよぉおおおお!!!見せてください!!!!!

優太
「いや、良いけど・・・お前時間大丈夫か?
もう結構良い時間だぞ・・・」

メダ
「うお!?もうこんな時間だったのか・・・
続きはスグに見れるのか!?」

優太
「あ、ああ・・・ナスネの方に録画データ入ってるから・・・」

メダ
「じゃあ明日また来るわ!
流石に帰らないとネロの奴が怪しむからな・・・」

優太
「そっか・・・まあ、凛ちゃん好きのお前になら2期を見せても問題ないだろう・・・」

メダ
「べ、別にオレは凛のことなんてこれっぽっちも・・・」

優太
「2期になると途中から練習着がスカートになります。」

メダ
マジかよぉおおおおお!!!!!み、見たい・・・!

優太
「(分っかりやすいニャ~~・・・)」

メダ
「と、兎に角明日も来るからな・・・
ちゃんと用意しておけ・・・いや、ください!」

優太
「別にかしこまらなくても問題ねぇよ・・・
普通に見れるようにはしてあるから好きに来て見ればいいじゃん・・・
2期はヤヴァイぞ~~・・・
最初からメンバー揃ってるし、みんな完全に打ち解けてるから最初から全力疾走だし。。」

メダ
「そ、それは期待大だぜ!
見るのが楽しみだな・・・!
じゃ、また明日な!」



そう言ってメダは部屋を後にする。
オレはそれを見送ってから時計を今一度確認する。
大体23時を回ろうかといった頃だった。
この時間なら風呂が空いているかな・・・
そう思ったオレは手早く支度を済ませて一階にある浴場へと向かった。
案の定、誰かが入っている札は無かった。
一応、戸を開く前に戸を叩き、中に誰も居ないか入念に確認を取る。
どうやら返事も無いし、誰も入ってはいないようだ。
そのままオレは一人では広すぎる浴場に体を沈め、一日(大半はスクフェス)の疲れを抜くように半身を伸ばした。





次の日・・・
朝日もまだ登らぬ時間、『暁館』の玄関が開かれた。
それをオレは瞬時に感じ取る。
が、そこから入ってきた人物の気配に覚えがあり、オレは警戒を解いた。
が、逆に思うのだった・・・


優太
「あいつ・・・そんなに続きみたいのかよ・・・」



次の瞬間、オレの部屋のドアが開かれる。
そこから顔を覗かせているのは、メダだった・・・
かなり嬉しそうである・・・
こんな顔滅多に見ないから逆に気色悪いくらいだった・・・


優太
「お前・・・いま何時だと思ってるんだよ・・・
せめて日が昇ってから来いや!!」

メダ
「いや、凛のスカートが気になって夜も眠れなくてよ・・・」

優太
「遠足前の子供か!?」

メダ
「何でも良いから、続き見ようぜ!!」

優太
「オレも見るの!?」

メダ
「当然だろ!一緒に楽しもうぜ!!」

優太
「オレはお前にこの作品を薦めたことを軽く後悔している・・・」






続く。。
スポンサーサイト
[ 2014/07/04 00:00 ] 小説(連載版) | TB(0) | CM(2)

そういえば、金曜日に学校の図書館に行ったら短冊があったんですよ。
その短冊はやっぱ大学らしく単位の獲得などを願うものがあったんですがその中に一つだけ
「ラブライブに優勝できますように
            by矢澤にこ」
ってのがありましたよ。
[ 2014/07/06 22:27 ] [ 編集 ]

昨日学校に行く前に艦これをやって大型建造したら、日本が世界に誇る世界最強の超超弩級戦艦大和型一番艦「大和」がドロップしました。
嬉しさのあまりその勢いのままスクフェスもインストールしました。
やった感想は、反復練習をしていけば結構できそうな感じでNOMALのフルコン及びμ'sメンバーをそろえることを最初の目標にしていきたいと思ってます。
[ 2014/07/04 07:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osakituki.blog16.fc2.com/tb.php/414-07e50801