スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ホビーショー。。

今回は「わかさぎ姫」のテーマ作ってきました。
わかさぎ姫1(PSP)
以下アイコンイメージ↓
わかさぎ姫(げ~む) わかさぎ姫(みゅ~じっく)
わかさぎ姫(ゆ~えむでぃ~) わかさぎ姫(ぴ~えすぴ~あっぷで~た)
別壁紙はこちら↓
わかさぎ姫2(PSP)
ダウンロードはあぷろだあたりからどうぞ。。
先週の話になりますが・・・
土曜に幕張であった「ホビーショー」を見に行ってきました。
色々と見応えがありました。
物販はあまり購入しなかったんですけど、ダブルフィンファンネルが安く買えたので良かったです。
予約をしている、超合金マジンカイザーも見れてウマウマでした。
あと思ったよりもガルパンのグッズが展開されていて嬉しかったなーー。
イベントの方は見れなかったんだけれど・・・細かいことは気にしないことにした。
誘ってくれた友人に感謝しつつ、一日有意義に過ごせたかな。
仕事が一段落して落ち着いていた所だったので、本当に調度良い休暇になった。
ぼちぼちこっちも更新中「げ~むな日々Lv2」頁へ
じゃ、今日の所はコレで失礼!!ノシシ


~雪徒家のポスト~




「ナオさん」
そうなんですよね。
DX発売したんですよね~~。
オレも欲しいな・・・
この前の週末にホビーショー行った時に展示されてるのを見て「おぉ、カッコいい!!」と思ってたんですよね。
XのMG化も決まったし、この調子で来いXの時代!
むしろ何でXはここまでホビー展開が皆無に等しいのか疑問に感じる今日この頃・・・
あるにはあるけど、かなり少ないですよね・・・
ガンダムではXが一番好きなのにかなり残念でなりません。。
VITAの2000買いましたが、かなり良い感じですよ。
個人的にここまで変わるなら、買い換えるのも止む無しか・・・と思えるほど。
今後、また一層色々なソフトが出てくると思うので期待したいところですね。
決してオワコンハードではねぇよ!多分な・・・


~わかさぎ語~






わかさぎ姫
「実は私、魚大好きなんですよね!!!
もちろん食べる的な意味で!」

優太
「早速出オチキターーー!!!」

わかさぎ姫
「開幕にこういう台詞をかませと言うことが台本に書いてあるんですけど、これで良かったですか?」

優太
「結局台本あるんだ!!
あの人、未だに変なことやってんのね!
でももう騙されないぞ!!どうせドッキリなんだろ!?」

わかさぎ姫
「ドッキリとかそう言うのは知らないですけど・・・
え、台本どうりにやっちゃ不味かったですか?
やっぱりアドリブもちょこちょこ挟んだ方が良かったですかね?」

優太
「あ、そういうことじゃないんだ・・・
あんまり気にしないで、普通にやってくれていいんだよ?」

わかさぎ姫
「そ、そうですか・・・なら良かったです。
えと、それじゃあ改めて・・・」

優太
「うん、なに?」

わかさぎ姫
「秋と言えば秋刀魚とか美味しいですよね~~。。」

優太
「そこは掘り下げるんだ!!
て言うか魚好きなのはマジなのかよ!!」

わかさぎ姫
「まあ人魚なので・・・」

優太
「いやいや、普通逆じゃない!?
人魚だから魚は同胞だし、食べ無い的な・・・!」

わかさぎ姫
「あはは、優太さんは面白いことを言うんですね~~。
世界は残酷なんですよ?」

優太
「すんごい満面の笑みで言われた!!
何この人!思ったよりお腹の中真っ黒そうなんですけど!!」

わかさぎ姫
「いえいえ、今は黒くないと思いますよ?
今朝は焼き鮭を食べてきましたから・・・」

優太
「そういう話でもないですからーーー!!」

わかさぎ姫
「秋刀魚のことを考えたら秋刀魚が食べたくなってきましたね・・・
お昼は秋刀魚を七輪で焼いて食べるとしましょうかね~~。」

優太
「あ、あのすみません・・・」

わかさぎ姫
「はい、なんでしょう?」

優太
「少し考えると重い感じなので話し変えてもいいっすか?」

わかさぎ姫
「いいですよ?
私的には公魚釣りとか最近楽しんでるんですけど・・・」

優太
「もう魚から離れて!!
て言うか漢字で誤魔化してるつもりだろうけど無駄ですからね!!」

わかさぎ姫
「ふぅーー、最近の放送コードは厳しいですね・・・
この程度のブラックジョークもNGだなんて・・・」

優太
「いや、コード云々よりもオレの精神的な負荷について考えて欲しいって感じですかね・・・」

わかさぎ姫
「あ、優太さん・・・そういうことですか・・・」

優太
「理解してくれたか・・・じゃあ改めて・・・」

わかさぎ姫
「魚がお嫌いなんですね・・・
まあ最近の若い人は特にそういう傾向強いですからね・・・
仕方の無いことです。」

優太
「いや確かに魚はどっちかというと嫌いな方だけれど!?
でもそれとこれとはあんまり関係ないからね!!」

わかさぎ姫
「ちなみに何故、魚がお嫌いなんですか?」

優太
「うーーーん、月並みだけど・・・
骨取るのがメンドクサイ、解体が上手くできないから綺麗に食べられないから・・・かな?」

わかさぎ姫
「本当に月並みですね・・・
もっとこう、魚の骨が喉に引っ掛かって取れなくなり、しかもそれが完全に真横を向いてしまっていたため、飲み込む動作をする度にズキズキ痛み、牛乳やらご飯などをかっ込んだ挙句、かなりの激痛と共にどうにか胃袋に落とし込んだとか・・・
そういうドラマティックなトラウマ展開とか無いんですか!?」

優太
「何でオレの小学生時代にあったトラウマを知っている!?」

わかさぎ姫
「え、これ実話だったんですか?
台本に書いてあるのそのまま読んだだけなんですけど・・・」

優太
「ちょ、ちょっとその部分読ませてくれる?」

わかさぎ姫
「いいですよ。」

優太
「ん、なになに・・・?
『こうやってジリジリ精神的になじると優太さんはとてつもなく喜びます。
できるだけ容赦無く現実を突きつけてあげてください。
byトラウマの伝道師 古明地さとり♪』
って結局お前かよ!!
トラウマって単語見た瞬間に脳髄に電流が走ったように気付いたよ!!まさに雷速だったね!!
瞬間的に光の速度で脳内が蠢いたからね!!
つーか何だよこの名前の最後の♪マーク!!
カワイ子ぶってる所がさらに腹立つわ!!!」

さとり
呼ばれて飛び出てローーリーー!!

優太
「小五ロリさん登場してきたーーー!!」

わかさぎ姫
「師匠!!何故ココに!?」

優太
「師匠ーーー!??」

さとり
「公魚・・・貴女、私の教えを忘れたんですか?」

わかさぎ姫
「し、失礼ながら・・・
私、何かを間違えましたでしょうか?」

さとり
「間違えたと言うより・・・足りないんですよね。」

わかさぎ姫
「と、申されますと?」

さとり
「優太さんに対する責め苦が足りませんよ!!
全然優太さんが喜んでないじゃないですか!!」

優太
「そもそもオレは責められて喜ぶ趣味は無いつもりなんですが!!」

さとり
「と、口では言ってますが・・・
心の中は幼女に責められたい願望で真っ黒です。」

わかさぎ姫
「さ、流石は師匠!!
師匠は何でもお見通しですね!!!」

優太
「ちょっと!口から出任せ言うの止めてくれる!?
お前が言うと真実見たく聞こえちゃうから止めろって何度も言ってるじゃんか!!」

さとり
それでも止めない、黙らない責め続ける!!!

優太
「ちょっとテンポ良く最低な言葉並べないでくれます!?
て言うかお前は今回関係無いんだから帰れよ!!」

さとり
「前回だって太子が来ていたじゃないですか。」

優太
「そういえば来てたね・・・
でもアレは災害みたいなものだから・・・」

神子
呼ばれて飛び出てローーリーー!!

優太
「全く関係の無い人キターーー!!
今回の語、一面ボスの回ですよ!?
何でそこにこんな大物来まくってるの!?おかしくね!?
て言うかその『呼ばれて飛び出てローーリーー!!ってなに?流行ってんの!?幻想卿の流行語か何かなの!??」

神子
「ちなみにこれから私が流行らせる予定だったのだけれど・・・」

優太
「100%流行らねぇよ!!」

さとり
「私は結構好きですけどね、この感じ。」

神子
「おお、分かるか!
それでは小五ロリの代表として私に協力をしてくれないだろうか?」

さとり
「ええ、喜んで・・・。
これも全国のロリのためですものね!」

優太
「おいおいおい!何かどう考えてもおかしい方向に話が行ってるようだけれど!?
誰か分かりやすいようにオレに説明してくれる!?」

わかさぎ姫
「凄い!流石は師匠!!私の出番を完全に奪っていきました!!
これが666ある責めの奥義の一つ、出番奪い(キャストキャンセラー)』!!!

優太
「いや、その技・・・
既に過去シリーズで多用されてるありきたりなオチの一つですけど・・・」







~わかさぎ語~ 完。。
スポンサーサイト
[ 2013/10/18 00:00 ] カスタムテーマ | TB(0) | CM(1)

呼ばれて飛び出てローーリーー!!

あっ、駄目だこれ、流行る気が公魚の鱗ほども感じない。

そういえば、最近ニャル子さん熱が再燃して、中断してた原作小説集めを再開したんですが、このままだとクトゥルフ神話の小説にも手を出しそうです。
俺にとって邪神(ガタノトア)は敵なのに…(ティガ的な意味で)

ガンダムDXはまさかのアンテナとアンテナの基部が一体成型でシールによる色分けでしたよ。
ちなみに手は握り手とビームライフル持ち手の2種類で開き手は無し、しかも嫌いな手のひらと甲の間に武器が入るタイプでした。
だから、ビルダーズパーツでグレードアップさせた方がいいでしょう。
ツインサテライトは差し替え無しで稼働できます。
但し、腕と足のラジエーターは黄色の成型色ですから塗装した方が見栄えが良くなります。
[ 2013/10/18 23:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osakituki.blog16.fc2.com/tb.php/379-ac8f94c7








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。