スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

積み積み。。

今回は「サニーミルク」のテーマ作ってきました。
サニー1(PSP)
以下アイコンイメージ↓
サニー(げ~む) サニー(みゅ~じっく)
サニー(ゆ~えむでぃ~) サニー(ぴ~えすぴ~あっぷで~た)
別壁紙はこちら↓
サニー2(PSP)
ダウンロードはあぷろだあたりからどうぞ。。
はい。
タイトルの意味は・・・言わずものがなですね。
今ですら積んでるげ~むが再来週と月末で一個づつまた増えるみたいですね。。
再来週は「ルーンファクトリー4」、月末は「那由多の軌跡」・・・
どう考えても一週間でルンファク終わる訳無いです本当にありがとうございました。。
さらに今はシェルノサージュの二章をやってたりもするしで・・・
シェルノサージュはそんな時間はかからないんだ。
放置が多いから。
ルンファクが不味いな・・・
アレはやりだすと止まらないんだよな。
牧場物語RPGくっ付けるって天才かよって思いますからね。
まあ、RPG部分は別に無くても良いんだけど・・・
そうするとただの牧物だからね。
「那由多の軌跡」はアクションRPGみたいでイースを彷彿とさせる感じだな。
こっちも期待してるからできれば張り付いてやりたいくらいなんだよな・・・
つまり・・・同時に三つ攻略しろってことだな!!!
いつもどうりかよ!!!
ぼちぼちこっちも更新中「げ~むな日々Lv2」頁へ
じゃ、今日の所はコレで失礼!!ノシシ


~雪徒家のポスト~




「夜桜さん」
そうか溶けるほど暑かったか。
溶けると液体になれて色々出来そうで羨ましいです。。
ユビートは置いといて・・・
夏アニメは何か思ってたよりは見る奴が多くなりそうです。
ふぅ・・・。
とりあえず落ち着いたらまた夏見るアニメまとめよう。
コメントでまで咳き込むとは・・・どんだけ酷いんだよ!!!




「ナオさん」
マフラー取り換えたイキオイで買う物じゃないとだけツッコんでおこう。
まあ、満足したなら何でもいいんでないでしょうか。
ちなみにオレはフィギュアを買って満足です!!!
お金減りまくったけどね!!




「衣織さん」
そうなんだよねVITAって修理じゃなくて交換って話だったな。
マジだったのか・・・
数学って結局やり方決まってるから楽そうなイメージしかないや。
むしろ文章から読み取る力の方が重要な気がするよ。
ま、Aとか言われてもどういうのがあるか分からんですがね!!
何はともあれテスト頑張ってください。。




「円光さん」
はじめまして。。
リクは了解しました。
初めてなのに三つも頼むなんて何てよくばり屋さんなんだ。
まあ良いけどさ。
へもへもさんはアニメイトが良いとか言いますが東方のソフトはアニメイトとかより、メロンブックスとかとらのあなとか同人ショップ辺りに行った方が確実だと思います。
通販で買う方が探しに行く手間省けて楽だと思いますが・・・
送料がちょっとね。




「へもへも丸さん」
どうも始めまして。。
天子と衣玖のコンビね。
はいよ任された。
今後も適度によろしくお願いします。
アニメイトは置いてある所と無い所が激しいんだよな・・・
オレが行くとたまたま無いだけかもしれませんがね。


~牛乳語~






優太
「よっしゃあ!!今日も頑張るぜ!!!」

霖之助
「えぇ!!?」

優太
「あれ、何で霖之助さんいるの?今回の飛び入り?」

霖之助
「いやいやいや!!前回終わり際に自分で言った言葉を思い出してみてくれよ!!」

優太
「ああ・・・『霖之助さんが代わりに主人公になればいいんだ!』って奴?」

霖之助
「そうそれそれ。だからしょうがなく来たんだけど・・・」

優太
「アレは生の感情をそのまま出しただけであってマジでは言ってないんだぜ?」

霖之助
「生の感情なんだから結構マジなんじゃないのソレ!!」

優太
「そうとも言う。」

霖之助
「いや、そうとしか言わないと思うんだけど・・・まあいいや。それなら僕は帰るよ。」

優太
「え、別に居てくれてもいいよ?」

霖之助
「いや、店を開けっ放しなんだ。だからあんまり長居はするつもり無かったんだ。」

優太
「あそう。さて・・・じゃあ今日は久しぶりにゲストとオレの二人だけか。ま、何でもいいや。頑張るべ。。」

サニー
「登場と共に言うことじゃないと思うんだけど・・・何で今回のタイトル『牛乳』?」

ルナ
「それはあれよ、アンタがまだ乳臭い子供だから・・・」

スター
「いや、意外と搾乳プレイにハマっちゃった誰かさんの影響で・・・」

サニー
「どっちも違うだろ普通に考えて!!てかルナのはまだ良いとしてスターのは流石に無いでしょ・・・」

スター
「いやいや・・・最近自分巨乳もイケるわーーーとか新たな扉を開きつつある雪徒さんならあり得なくも無いわ。」

ルナ
「さっきは誰かさんで濁してたのにイキナリ本人の名前出てきちゃったわよ、大丈夫なのコレ・・・」

スター
「大丈夫大丈夫。。ユウタさんと同じかそれ以上に何でもアリなのが雪徒さんだから。」

サニー
「ま、マジで?じゃあ私から搾乳したいって意味でこんなタイトルなの!??間違いなく雪徒さん犯罪者だよ大丈夫か!!?」

ルナ
「まあ事実なら『お巡りさんこの人です』とかあってもしょうがないわね。」

スター
「とりあえず通報しておいたから今頃は踏み込まれてるんじゃないかしら?」

優太
「すいませーーんツッコミ所満載すぎてどっからツッコんでいいか分からないんですけど。」

スター
「まあ三人もいたら誰に最初にツッコむか迷いますよねーー。」

優太
「おい君は何の話をしてるんだ?それ間違いなく違う話だよね?確実にソッチ系ですよね??」

ルナ
「あ、気にしないでください。どうせ素なんで。。」

優太
「え!!?素なの!!!!?」

サニー
「今更何を驚く必要があるの?」

優太
「仰天所満載でしたよね!!え、マジで素なの!!?台本があるってオチじゃないの!!?」

スター
「別に一人くらい素でこういう話するキャラが居ても別にいいじゃないですか。」

優太
「いや待ってよ!!だって今まではどうせ台本なんでしょ?ってことで許されてきてるんだよ!?それが急に素ですか!!後半戦は色々ハードだな内容が!!」

サニー
「ハードと言えばこの間ゴキ・・・いや、リグルの奴がメチャクチャに縛られて吊るされてたんだけどアレはどういうことなの?」

ルナ
「それはアレよ。ちょっとした歪んだ愛憎劇があって・・・」

スター
「そうね、きっと三角関係とかそういうありきたりな展開の果てにそうされてしまったのね・・・可哀想に。」

優太
「いや、それ多分望んでそうされてる節が強いと思うんですけど・・・」

サニー
「マジかよ!!それってどういうこと?」

優太
「いや、簡単に言うとゴキ・・・リグルはドMなんだ!!!」

サニールナスター
「「「あ、それは知ってるけど。」」」

優太
「知ってんなら説明いらなくね!!?」

ルナ
「ドMなのを知ってるのと、何でそうなったのかが分かるのは別の話だと思うんだけど。」

スター
「まあ予想するに最近緊縛プレイに目覚めつつある雪徒さんが無理矢理気味に縛って吊るしたに百万ルピーで!」

優太
「なんなの、今日はやけに雪徒がディスられてるな・・・何かあったのか?」

サニー
「いや、ただ単に適当言ってるだけだと思う。あ、私はルーミアに縛ってくれと懇願した挙句にワンランク上の緊縛をされたに百万ペソ!」

優太
「いやさ・・・どういった予想を立てるのは自由なんですが・・・せめて通貨を統一しなさいよややこしい。」

ルナ
「どうせ適当言ってるだけだから気にしないで上げて。あ、ちなみに私は自分で縛って自分で吊ったに百万ポンド!」

優太
「結局お前も合わせる気ゼロかよ!!!」

サニールナスター
「「「で、誰のが正解!!?」」」

優太
「どれかって言うと・・・サニーかな?」

リグル
「ブッブーーー!!正解は自分で縛って自分で吊ったなのでルナが正解でしたーーーー!!!!!」

優太サニールナスター
「「「「いや、どっちみち引くわーーーーー。」」」」

リグル
「そんな目で見るなよ・・・興奮するじゃないか!!」

優太
「すいません、お巡りさんコイツです。。」







~牛乳語~ 完。。








~過去物語~「蓮篇」(4)






メダ
「いつつ・・・
って優太の奴はどうした?」

ネロ
「何かさっきの二人を追っかけて下に行ったみたい・・・」

メダ
「はぁ!!?ここ何階だと思ってんだよ・・・
無茶苦茶な奴だぜ。」

ネロ
「優太君も思う所があったんだと思うよ。」

メダ
「仕事ほっぽり出してまでやることか・・・?」

ネロ
「それよりさっきから部屋の中からもの凄い音が聞こえてくるんだけど・・・
何か不味いことになってるんじゃ・・・」

メダ
「そうだな、じゃあ確認しに行くか。
ネロ、動けるか?」

ネロ
「うん、だいじょ・・・痛っ!」

メダ
「大丈夫か!?」



メダはスグにネロの傍に寄るとそう問いかける。
ネロは右足を手で押さえている。
痛めたのだろうか、ネロ自身苦悶の表情を浮かべている。


メダ
「痛むのか・・・?」

ネロ
「う、うん・・・ちょっと捻ったみたい。
私のことは気にしなくていいからメダは中を・・・」

メダ
「・・・・・。」



メダはネロの横に身を下ろすと慣れた手つきでネロを抱え上げる。
膝の裏に右手を通し、左手で背中を抑えるようにする・・・いわゆる横抱き、またの名をお姫様抱っこと言う奴だ。
ネロは急にやられた物だから完全にテンパる。
メダはいつもどうりを装っているが内心ちょっと動悸が激しくなっていた。
そのまま近くのベンチ(元々このフロアは待合室の役目もあるので備え付けの椅子がそこら辺にある)にネロを下ろすと右足に手を添え、


メダ
「脱がすぞ?」

ネロ
「え・・・?あ、うん。」



靴を脱がし、紺色のハイソックスをゆっくり脱がす。
するとその下から透き通るように白い足が露わになる。
足首の部分が赤く腫れているのがよく分かった。
メダはポケットから白い長方形の薄い物体を取り出す。
その片側の薄いフィルムを剥がし、患部に貼りつける。


ネロ
「冷たっ!!」

メダ
「ん、そうか?」

ネロ
「この湿布本当に効くのーー?
メダが携行してるようなの、もう期限切れてそうだけど・・・」

メダ
「失礼な・・・今朝卸したばっかの奴だよ。
ほら、じっとしてろよ包帯が巻けない・・・あと、」

ネロ
「あと?」

メダ
「あ、あんまり脚をバタつかせるな・・・見える。」

ネロ
「・・・・・・・・、!!!?
メダの変態!!」

メダ
「いや、不可抗力だろ!!」

ネロ
「だからってスカートの中覗くってどういう神経してるんだよーー!」

メダ
「いや、まだ見てないし!!」

ネロ
「まだ?」

メダ
「これ以降も見る予定何て無ぇよ!!」



メダは改めて下を向くと、ネロの足に包帯をクルクルと巻いていく。
そんなメダを上から見下ろしつつネロはぼやく。


ネロ
「私だってもう子供じゃないんだから・・・
これくらい一人だってできるんだけどなーー。」

メダ
「そんなの当たり前だろ。」

ネロ
「だったら何でわざわざメダがやってるの?」

メダ
「ほっとけないだろ。普通。」

ネロ
「・・・・・・メダって普段はそっけないけど、こういう時は優しいよね。」

メダ
「オレは何時だって優しいつもりだがな。」

ネロ
「そう思ってる時点でもう色々ダメダメだよね。」

メダ
「ウッセェ・・・ほら、終わったぞ。」

ネロ
「ん、ありがと。」

メダ
「立てるか?」

ネロ
「よっ・・・うん。大丈夫っぽい。」

メダ
「よし、じゃあ行くか。
団長達が心配だし。」

ネロ
「メダの中の優先順位は私の方が上なんだ・・・」

メダ
「はぁ?」

ネロ
「いや、私のこと先に心配してくれたから・・・そうなのかな~って。」

メダ
「そりゃあそうだ。
ネロはオレの・・・パートナーだしな。」

ネロ
「パートナー・・・ねぇ。」

メダ
「え、何か問題あったか?」

ネロ
「私達、もう結構付き合い長いよねーーー。」

メダ
「そうだな。」

ネロ
「昔は私のことお嫁さんにしてくれるって言ってくれてたんだけどなーーー。
あの頃のメダはどこに行ったのかなーーー・・・(遠い目)」

メダ
「何年前の話してるんだ・・・
ほら、そんなことより早く行くぞ。」

ネロ
「・・・・・・鈍感。」









ドレイク
「ほほぅ、少しばかり動きが良くなりましたね。」

スコール
「そうかぁ?
お前が遅くなっただけじゃないのかよ!!」



ドブッ!!


スコールの拳がドレイクの脇を撃つ。
そのまま拳を捻り込み、深々とめり込ませるとその拳から衝撃が駆け巡る。


ボギュン!!!


その衝撃が撃ちこんだ所と対角線上の方向へ抜ける。
ドレイクの口から大量の血が吐き出される。
ドレイクはそのまま態勢を崩した。
スコールは左足を一歩踏み込み、右拳に『螺旋力』を収束させる。
するとそこに一本の煤けたドリルが姿を現す。


スコール
『ギガ――――――――――――――――――――!!



ドリルが回転を始める。
その回転は周囲の大気すら螺旋切りながら激しく回り続ける。


スコール
ドリル―――――――――ブレイクーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!



ドリルの先がドレイクの腹部に触れる。
そのまま肉を引き裂き、内臓を掻き分け、その肉体そのものを突き抜け、その背中からおびただしい量の鮮血を迸らせる。
即死。
普通ならそうなる筈の一撃。
の筈だ。


ドレイク
「こんな物ですか?」

スコール
「・・・・・!!?」



スコールはドリルを引き抜くと距離を空け、


ドレイク
「まあまあそうお急ぎにならず、ゆっくりしていってください。」



ドレイクの鉤爪がドリルを握って離さない。
もの凄い力で掴んでいるのか全く動かない。
ドリルを回して弾こうと思うもドリルが微動だにしない。
一体どんな強さで握り込んでいるのか。


ドレイク
「残念です。
十二年もあったのにこの程度なんですか・・・すっかり、興醒めですよ。」

スコール
「ぐっ!!」

ドレイク
「まあ、元々あの時点で貴方にそこまでの資質を見ていた訳でもありません。
私をあそこまで苦戦させてくれた男の弟子と言うから期待していたんですよ?
それが、このざまとは・・・」

スコール
「な、なんだと!?」

ドレイク
「もういいです。
時間の無駄でした・・・死んでいいですよ?」



一瞬。
ほんの一瞬のことだった。
目の前から忽然と消えたドレイクの気配を背後に感じた一瞬、


ブシャッ!!!!!


右半身から大量の鮮血が噴き出す。
何時の間に斬られていたのか、それすら気付かなかった。
切り傷はかなり深い。
右手の感覚が完全に飛んでいる。
よく見て見ると体と腕が薄皮一枚でギリギリ繋がっている状態だった。
これじゃあ感覚も何も無いに決まっている。


ドレイク
「おや、急所を外してしまいまいましたか・・・?
それでは、これで・・・」

??
「団長!!!」



そんな声と同時にドレイクに向かってくる人影が一人。
影はドレイクに向かって拳を振るう。
その一撃はヒラリと躱される。
その人物はスコールの前に立つと振り返らずに告げる。


メダ
「団長!無事ですか!!?」

スコール
「これが無事に見えるか?
眼科行って来いバカ野郎・・・」

メダ
「す、すいません!!」

スコール
「お、オレの事なんて良い・・・
メダ、逃げろ・・・お前じゃそいつには・・・!」

メダ
「嫌です!!」

スコール
「バカ野郎!!!死にてぇのか!!?」

メダ
「ここで団長を守れないなら死んだ方がマシです!!」



脳裏に響いたその言葉がスコールの記憶を蘇らせる。
あの日、あの時・・・スコール自身が言った言葉。


ドレイク
「誰ですか?キミは・・・」

メダ
「オレはメダ!メダ・カーチス!!
団長の弟子だ!!文句あんのかこの野郎!!!」

ドレイク
「・・・・・昔にも同じようなやり取りをしましたね。
ふふっ・・・それじゃあ、こうしたら『同じこと』になるんですか?
ねぇ?スコール・・・」

スコール
「!!!?
ドレイク!止めろ!!!!!」

ドレイク
「止めてみればいい。
できるなら・・・」



メダには何が何だか分からなかった。
だが、ドレイクの右手が動く。
それだけは分かった。
分かった所まではいい。
その一撃の軌道が全く見えない。
見えないのでは回避のしようも無い。
その一瞬の迷いがこの状況でどういう意味を持つのか知りながらメダは動くことすらできない。


ズバッ!!!!!!


肉を引き裂く音が部屋中に響く。
メダは自分の頬に飛んできた血を手で拭う。
そして、目の前で起こったことに今更思考が追いついた。
メダの目の前に、スコールが立っている。
ドレイクの一撃を一身に受け、その体からは大量の血が流れ落ちていく。


スコール
「ガハッ!!!」

メダ
「団長!!」

ドレイク
「やはり同じですね。
師弟共々、考えることまで同じとは・・・
この子にそこまでの価値があるんですか?」

スコール
「へっ・・・たりめぇだ・・・
コイツは、オレの自慢の・・・弟子で、息子だぜ・・・」

メダ
「だ、団長!!
な、なんで・・・!!?」

スコール
「弟子を守るのが師匠の役目だろう・・・
ま、これ自体師匠の受け売りだけどな。」



スコールは力無くその場に倒れ込む。
今でも血が体中から溢れ出してくる。
さっきの一瞬でどれだけの攻撃を受けたと言うのか・・・
そして次の瞬間、


ボゴォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!!!!!!


下から何かが突き抜けてくる。
調度、ドレイクとメダの間に風穴を開けその何かは上昇を続け天井すらぶち破りさらに天へ昇って行く。
地面に入った亀裂がスコールの下まで伸び、その床が崩れ落ちる。
メダはスコールを抱え、階下に落ちていく。
それを追うようにしてドレイクも階下へ降りる。
そこにはさっきとは比べ物にならないほどの殺意と闘気を纏ったメダの姿がある。


ドレイク
「キミは私を楽しませてくれるのかな?」

メダ
「楽しむ・・・?」

ドレイク
「私はギリギリの殺し合いがしたいんだよ・・・
今まで生きてきてそれが叶ったのも片手で数えるほどだ。十二年前の時とか・・・」

メダ
「!!!!
やっぱり、お前が・・・あの時の!!」

ドレイク
「だとしたら、どうするんだい?」

メダ
「決まってるだろ・・・!
お前は・・・お前だけは!!!」









ネロ
「その後は、優太君も知ってるよね・・・。」

優太
「・・・聞いてて思ったんだけど、何でクソジジイは手をださなかったんだよ。」

ネロ
「・・・・・お父さんに止められたから、だって言ってた。」

優太
「それで、納得したのか?」

ネロ
「納得なんてできないよ・・・
でも、お父さんはきっと自分の手で倒したかったんだよアイツを・・・
だからそれをアルヴィスさんは聞き入れて・・・」

優太
「それでスコールさんを見殺しにしたのか!!?
ふざけんなよ!!!!!」



プルルルル。。


そんな時だった。
部屋の電話が鳴る。
ネロはその電話を取る。
つとめていつもどうりに。
その姿が妙に痛々しくて、優太は目を逸らした。


ネロ
「あ、アルヴィスさん・・・。
はい、はい・・・」

優太
「ジジイ!!?」



優太は椅子から勢いよく立ち上がり、ネロの手から受話器を無理やり奪う。
ネロはかなり驚く。
普段の優太からは感じたことの無いような怒気を感じ取ったからだ。


優太
「クソジジイか・・・?」


『優太?
ほほう、久しぶりじゃのう。』


優太
「おい、今ドコにいる・・・?」


『なんじゃ、藪から棒に・・・』

優太
「話がある。
時間なんてとらせねぇからオレと会え。」


『・・・・・・なるほど。
ま、いいじゃろう・・・本部に来い。
調度ワシも話があったんじゃ。』


優太
「首洗って待ってろよ・・・」


『安心せい。毎日洗っとる。』


ガチャン!


ネロ
「・・・・・あ、電話・・・」

優太
「え、あ!!!
すまん・・・つい流れで・・・」

ネロ
「もう・・・しょうがないな・・・
アルヴィスさんに会いに行くんでしょ?
だったらついでに聞いてきて。」

優太
「分かった。その、ごめんな。
怪我しなかったか?
ちょっと無理矢理取りすぎた・・・」

ネロ
「大丈夫。
別に何ともなってないよ。」

優太
「そっか・・・良かった。
じゃあ、また後で来るよ・・・。」

ネロ
「うん、またあとで・・・」



そう言い残すと優太は事務所を後にする。
向かう先は東街。
ギルド本部、アルヴィスの元だ。









「遅いですね・・・優太さん。」

綾香
「あ、レンねー!
この本レンねーが欲しがってるやつじゃない?」


「あ、そのとうりです。
綾香ちゃん、ありがとう。」

綾香
「他にはどんなのが欲しいの?
あやかが探したげる!!」


「そうですね~~・・・それじゃあ、」





店の外、路地の陰から店の中を覗く人影が二つ。
両方とも何故かそれなりに立派な鎧を身に纏っている。
その二人は店の中に居る一人の少女と幼い少女の二人組を見ながら、


??A
「あの人か?」
??B
「た、確かに似ていらっしゃる・・・
とりあえず団長に連絡するか?」
??A
「そうだな。判断は上に任せよう。」
??B
「しかし何でまたこんな所に・・・?」
??A
「知らん。
だが、もし本人ならご同行願わなければならないだろうな。」



二人組の片方が通信機の様な物で連絡を取り始める。
もう一人は店の中を注視し続ける。
その男の目線の先には蓮の姿があった。







続く。。
スポンサーサイト
[ 2012/07/06 17:32 ] カスタムテーマ | TB(0) | CM(5)

おひさです。
2ヵ月ぶり位っすかね?
受験生は忙しいっす。
まどマギもとっくに終わっちゃいましたしFateも。

Fateすごいおもろかったっすね!
Lv2のほうでアニメの感想が書かれてなかったので雪斗さんの感想聞きたいっす

語は全部読んでますよ。
少しためてたら追いつかなくなっちゃって

面白いっすねやっぱり!
今回の小説の最後に出てきた二人は蓮が王女だどーたらに関係あるんすかね。

東方語も終わりが近づいてきましたね。
終わるとなるとなんかさみしいっす。
最後までがんばってください!

いつもみたいな感想かけずにすいません
では
[ 2012/07/12 22:33 ] [ 編集 ]

赤点7教科回避...ふぅ

いやー前回のテストで結構良い点数取ってたんで今回赤点回避出来ました
まあまだ2教科、保健と科学が残ってるんですけどw
赤点回避して、夏休みバイトしまくりたいです!
vitaはまだ交換できてません...暇...
[ 2012/07/08 09:31 ] [ 編集 ]

へもへも丸さんへ

(雪徒様この場所借りて失礼します。スミマセン!!)
助言ありがとうございました!
私まだ高1なもんですごい助かります!
またいろいろ教えてください!!
                   円光
[ 2012/07/07 00:10 ] [ 編集 ]

THE長文~馬鹿な俺~

そうですかーまたいってみますメロンブックとアニメイト
けど私兵庫県民なんでねぇ…どこにあるやら…(日本橋?)
けど初心者は何からはじればいいですかねぇ…(質問多すぎだろ俺は!!馬鹿!)
友人は「断然レミリアさんっしょ!はじめは!」と
それはただあいつがすきなだけです。ほっといて下さい。
3つもリクすいません。けどあなたのテーマいいんで。最高なんで。全部入ってるんで。
あれでわたしはキャラたちを覚えたんです。はい。長文失礼しました。
ルナ&スターちゃん期待してます~。でわでわ

PS
ゲームなら私の場合NEWマリ2がたのしみです。

[ 2012/07/07 00:03 ] [ 編集 ]

バイクのマフラーを先週の土曜に取り付けてみようとしたんですが、何か全然合わないんですよね。早苗さんと幽々子様なみに合わないんですよ。あと5cm位長ければ取り付けられるのに…
[ 2012/07/06 21:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osakituki.blog16.fc2.com/tb.php/307-914ca46e








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。