スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

~あらすじ語~高校生編⑨「一番の宝物」








『おい!螺豪の内部ですら敵がわんさか湧いてるぞ!!』
『「各個撃破しろ!!何とかして持たせるんだよ!!!」』
『くそ!!やるしかねぇのか!コレでアイツらミスりやがったら殴り倒してやる!!』
『喋ってる暇あるんだったら手を貸しなさい!!もう結界持たないわよ!!!』
『分かってますよ霊夢さん!!』
『アイツら・・・大丈夫かな・・・私も早くココを片付けて、外へ行かなくちゃね・・・。』


『敵が多すぎるよ!!良ちゃんどうしよう!!』
『だぁああああ!!だから正面突破なんて男らしいことなんてしなきゃよかったんだって!!』
『もうやっちまったんだししょうがねぇだろ!!やるしかねぇ、やるしかねぇんだ・・・。』
『あーーーーーーー!!』
『どうした!!』
『三番ゲートから大量に敵侵入してきた!!』
『またか!!おい、弾幕薄いぞ!!何やってんだ!!』
『「こっちだって必死なんだぜ!!無茶言うなよな!!!」』
『「流石に人数が少なすぎよ!!もう少し誰か回せないの!?」』
『くっ!!どこも人手不足だな・・・。とりあえず三番ゲートに一番近い奴は!?』
『え~と、メダさん達が一番近い!』
『メダさんーーーー!!』
『「何だこの野郎!!コッチは忙しい!!」』
『だろうね!!そんな所悪いんだけど三番ゲートから敵が大量に侵入してきてるんだ!!それを食い止めてくれ!!』
『「おい!ソレはマジで言ってるのか!?コッチだって人手不足でやってられないんだぜ!?」』
『「メダ!!ココはオレとゼオラで片付けとく!!メダはその三番ゲートに行ってくれ!!」』
『「アラド!?お前・・・。」』
『「いいから行けよ!!別に死ぬつもり無いっての!!!ココが片付いたら追いかけてやるさ・・・。」』
『「・・・分かった。アラド、ゼオラ後は頼んだぜ!!ネロ!行くぞ!!」』
『三番ゲートはそこから真っ直ぐ進んだところだ!!頼みましたよ!!!』
『「ああ、任されてやるよ!!」』


『おいおい、本当に多いな・・・。泣いちゃいそうだぜ。』
『さ、流石に疲れるわね。』
『でも、ココを通すわけにはいかないわよ・・・。』
『ああ、分かってるぜ。一匹でも多く、こいつらを打ち落とす!!恋符「マスタースパーク」!!!!!』


『こいつら・・・割としぶいといな。』
『あら?バテたのかしら・・・外界産の吸血鬼は疲れやすいのね?』
『何だと?お前もう一回言ってみろ・・・。』
『おーーい、お二人さ~んそんなことしてる暇じゃないぜ~~。』
『黙ってろホーセン、コレは私とコイツの問題だ・・・。』
『お嬢様。ココで仲間割れされても迷惑なんですが・・・。』
『分かってるわよそれくらい。私が悪かったわよ。』
『ふん、生意気なガキだな・・・。』
『コレでも私は齢500年なんだけど・・・。』
『じゃあババアじゃん・・・。』
『あぁ!??アンタ今なんつったぁぁああああ!!』
『ロリババア・・・。』
『何か増えてるし!!お前だって吸血鬼なんだから実際は数百年は生きてるんでしょうが!!』
『ああ、私はまだなってから日が浅いから見た目どうりの年齢なんだけど・・・。』
『くっそぉぉぉおおおおお!!!ジェラシィィィィイイイイイ!!!!!』
『もうカナちゃんダメだよそうやって喧嘩しちゃ・・・仲間割れはよくないんだよ?』
『うんゴメン。愛依がそう言うなら止める。悪かったなロリババア。』
『全然反省して無いだろオマエェェエエエエ!!!』
『まあまあお嬢様落ち着いて・・・。』
『あーーーーーーー!腹立つ!!この鬱憤、どう晴らしてくれようか・・・。』
『じゃああちらの方々は敵なので好きなだけボコってください。』
『よっし任せろぉぉぉおおおおお!!天罰「スターオブダビデ」!!!!!!』
『さて、私達は少し休みましょうか。』
『扱い慣れてるな~~。』
『まあ、ウチのお嬢様ですから・・・。』
『はっはーーー!!どうだこの野郎!!コレが効くか!?はははははは!!!死ね!死んでしまえ!!!』
『かなり荒れてるな~、誰の所為だ?』
『『『お前だよ!!!!!』』』


『さて、そろそろいいかな・・・。』
『でも本当にこの作戦で上手くいくのか?』
『何とでもなるさ。無理を通して、道理を蹴っ飛ばすんだよ。それがオレ達、「超銀河大グレン団」のやり方だろうが!!』
『おい、いつからそんな天元突破な団名になった?』
『いや、この決め台詞言うならこの方が語呂が良いかなって思って適当に言ってみた。』
『おい、中では激戦繰り広げてるんだ。やるなら早くやっちまおうぜ。』
『そうだな。まず、コレは連携プレーだ。一人でもミスったらそこまでだ。そこん所注意してくれ。』
『分かってるって。』
『簡単に説明するぞ。あの要塞には強力な魔法障壁が張ってある。このまま突き進んでも螺豪はその障壁が破れないと要塞に突入できない。だからまず、進路確保のためにその障壁を消し飛ばすのがオレ達の役目だ。』
『で、結局どうやってその障壁を貫くんだ?』
『この「超銀河螺旋弾(障壁破壊専用)」をぶち込む。』
『見た目からしてスゲェ重そうなんだけど・・・コレって本当に飛ぶの?』
『飛ばすんだよ。』
『ちなみにどれくらいの質量?』
『さあ・・・。メダが作れる限界の質量って言ってたけど・・・まあどうにかなるんじゃね?』
『この一戦に全人類の未来が懸かってるのにそんな適当でいいのかよ!?』
『大丈夫大丈夫。何とでもするから。』
『どっからその自信が出て来るんだよ・・・。』
『よし、割り振りを決めるぞ。まず役割はこの弾を打ち出す「砲台役」、それを打ち返す「バッター役」、それをオレのところに誘導する「誘導役」の三つだ。』
『砲台はオレがやる。その手の弾丸打ち出しは慣れてるからな。』
『打ち返すのはオレがやる。場外まで吹っ飛ばせば良いんだろ?簡単だ。』
『え?オレが誘導すんの!?』
『池田。任せたぜ。』
『誘導なんてどうやんだよ!!熊田が打ち損じて変な方向いったら・・・』
『その時は全力で追っかけてオレの方向に吹っ飛ばせ。』
『マジかよ・・・オレ責任重大じゃん。』
『全員同じだ。誰か一人でもミスったら終わりって言ったろ?』
『そうだな。気合入れるか。』
『軽くストレッチしておくかな・・・。』
『準備ができたら言えよ。この弾を直道の「千秋」に合うようにサイズ調整するから・・・。』
『それ小さくできんの!?』
『は?当たり前だろ?こんなの普通に飛ぶわけ無いじゃん。』
『うわぁ・・・イキナリ現実めいたこと言われた~~。テンション下がるわ~~。』
『でも小さくしたらその分威力とか、耐久力が落ちて射程が短くならないか?』
『小さくできるって言っても一時的にだ。オレの所まで飛んできた時には元どうりの大きさに戻るさ。』
『あ、そう。』
『よし、もう準備はいいか?』
『ああ、迷っててもしょうがねぇ・・・やっちまおう。』
『んじゃ、位置につけ。』
『うわ、本当にピッタリサイズになっちまってる・・・コイツはすげぇな。』
『あ、池田。お前はできるだけ遠くに飛ばすことだけ考えればいいからな。』
『は?どうして・・・。』
『オレは「次元跳躍」でテレポートみたいなことできるからどこ飛ばされても瞬時に追えるから。』
『早く言ってソレ!!今の今までどうしようか悩みまくってたんだからな!!』
『よし!!行くぞ!準備はいいか!!?』
『『『バッチこーーーーい!!!』』』
『よし、いくぞ。「千秋」!!「超銀河螺旋弾」、発射!!!!!』


ドウッ!!!!!


『コイツを・・・打ち出せば、い、い、ん、だな!!!!!!』


ガッ・・・・・・キィィィッィィイイイイイイイイイイインンンンンンン!!!!!!


『おぉっぉぉぉぉおおおおおおい!!相当変な方向飛んでるんですけどぉぉぉぉおおおお!!』
『大丈夫だ池田!!ギリギリファール線は越えてないぜ!!フェアだ!!!』
『そういう問題じゃないですからぁぁぁああ!!!』
『池田!!意地で拾え!!!!!』
『あーもう!!この野郎!!!!!!!』


ゴッッッバァァァァァアアアアンン!!!!!


『お、良いとこ飛ばしてくれるじゃないか・・・。直道!熊田!池田!お前等の想い受け取ったぞ!!!!!』
『ココで打ち損じたら絶対許さねぇぞ!!!』
『ぶちかませ!!!』
『頼んだぞ・・・!!!』


『『『   ーーー!!!』』』


『凄い声援もらっちたな・・・コレは外せねぇよな!!!!!超銀河!!!電磁波動砲(レールバスター)!!!!!!!!


ゴッ!!!!!!!!!!!!!!!




これは未来(あす)の希望(ひかり)を掴むために足掻き続けた漢達の物語。
それは近くて遠く、遠くて近い『世界』の物語。





『・・・た。・・・ゆ・・。優太。』


優太「ん?」
由紀「あ、やっと起きた・・・。どうしたの?何だか妙に疲れてない?」
優太「え?いや、何だっけ・・・何かもの凄く壮大な夢を見てた気がする・・・。」
由紀「へぇ~、どんな夢?」
優太「・・・何だったけ?思い出せねぇや・・・。」
由紀「夢なんてそんなものだよ。」
優太「でもさ、その夢・・・何だか懐かしい感じがしたんだ・・・もしかして、前世の夢って奴なのかな?」
由紀「う~~ん、私には分からないな。そーいうの。」
優太「ま、そんなこと考えててもしょうがないよな・・・。」
由紀「そうだよ。早く帰ろうよ。」
優太「ん、ああ。」
由紀「でも早かったよね。」
優太「え?何が?」
由紀「何って・・・私達今日この学校卒業するじゃん。」
優太「あ、そうか。今日は卒業式だったか・・・。」
由紀「そうだよ。何言ってるの優太・・・変だよ?」
優太「ああ、どうしてだろうな・・・。こんな大事なこと忘れるなんて・・・。」
由紀「もう、しっかりしてよね。みんな門の前で待ってるよ?早くいこっ!」
優太「そうすっか。」


鳳仙「あ、ダンナ!!」
千草「ユッキーお疲れ~~。」
優太「オレ起こしに行くだけで疲れるかよ・・・。」
由紀「これからどうしようか。」
唯 「お腹空いたしどっかで食べていこうよ!!」
優太「あれ、唯?お前、いいのか?」
唯 「え?何が??」
優太「だって、お前軽音部の奴らと・・・。」
唯 「別に今生の別れって訳でもないんだし大丈夫だよ。結局大学も同じ所になったしね。」
優太「・・・まあ、お前がそう言うなら別にいいんだけど・・・。」
千草「食べに行くなら焼肉が良いです!!!」
蓮 「制服着て行くところじゃないですよね。」
唯 「えぇ~そうかな?」
蓮 「私は皆さんがよろしければ構いませんが・・・。」
鳳仙「オレはダンナが良ければ。」
由紀「私もどこでもいいし・・・。優太はどうしたい?」
優太「ええ・・・結局オレに丸投げかよ・・・。いいんじゃなイカ?別にどこだって・・・。焼肉食いたいなら焼肉でも・・・。」
千草「別に吉野家でもいいんだぜ?ユウ君。」
優太「そのチョイスはなに?オレへの当て付けか?」
千草「別に~~、ただ女の子と二人で行くようなところじゃないよね~~。」
由紀「女の子?」
優太「接待!!接待で行ったの!!やましいことはなーんもないの!!!」
由紀「本当?何かもの凄く怪しいんですけど・・・。」
千草「ユウ君は知らず知らずの内にフラグを立てる天才だからな・・・。」
優太「そうやって人をフラグ量産機みたいに言うなよ・・・。」
鳳仙「ねぇねぇ、どうでもいいから早く行こうよ。オレ腹減ったよ・・・。」
蓮 「そうですね。もうお昼は過ぎてますからね。」
愛依「あ、居た!みなさ~ん!!」
優太「あ、愛依・・・と奏か。」
奏 「おい、私は愛依のついでか?お前にとってはついで以外の何でもないのか!!」
優太「は?お前イキナリ何を怒ってるんだ・・・。」
奏 「愛依~~コイツデリカシーの欠片も無いよ~~。私のガラスのハートは音もなく崩れ落ちていくよ~~。」
優太「ガラスのハート・・・はっ。」
奏 「キサマ・・・!!いま鼻で笑ったなこの野郎・・・。」
愛依「まあまあカナちゃん抑えて抑えて・・・。」
千草「さ~~て、みんな集まったことだしとっとと行こうよ。早くしないと店占領されちゃうんじゃなイカ?」
優太「それもそうかもしれないでゲソ。」
千草「しかしよくこの『イカ』や『ゲソ』ネット流行語大賞の銅賞取れたと感動さえ覚えるでゲソ。」
優太「まあそういうニーズも多かったって話しじゃなイカ?」
千草「でも金賞はやっぱり『そんな装備で大丈夫か?』だったらしいじゃなイカ?むしろそんなの金賞にして大丈夫か?」
優太「大丈夫だ、問題ない。それより千草、帰ったらモンハンやろうぜ。やっぱ大勢でやった方が楽しいと思うんだ。」
千草「君の頼みは断れないよ。帰ったら部屋に行くね。」
優太「ああ。」
唯 「あ、3rdやるの?私も一緒にいいかな~?隠しの赤い奴とか白い奴とか黒い奴とかが一人だと心許無くて~~。」
優太「そ、そうか・・・。分かったできるだけ協力してやるよ・・・。(コイツ一体どこまで進めてんだよ・・・。)」
千草「じゃあ決まり!!そうと決まればさっさとご飯を済ませて帰ろうぜ!!」
蓮 「もう帰る話してるんですか?気が早いですね・・・。」
由紀「あ、そうだ。私は夕飯の買出しも行かなくちゃな・・・。」
優太「なに?そうなのか・・・手伝うか?」
由紀「いいよ、今夜分買うだけだから。」
愛依「私も付いてくから大丈夫だよ。」
奏 「そして私も付いてくからなおのこと問題無しだ!!」
優太「ふ~~ん、じゃあ悪いけど頼むな。」
由紀「うん。」
鳳仙「なんか店に電話したら人数分ちゃんと空けてあるって。」
唯 「え?何でそんな上手い話になってるの??」
鳳仙「オレのバイト先なんだよ。もうすぐ辞めちゃうんだけど。」
優太「オヤジの奴そんな気を使わなくてもいいのにな・・・。」
鳳仙「いいんじゃない?好きでやってるんだよ多分。」
優太「それじゃあ、ご相伴に預かろうかね。おい、みんな行こうぜ?」
由紀「うん。いこいこ。」
蓮 「はい。行きましょう。」
鳳仙「へへ、楽しみだな~~♪」
千草「さて、何の装備でやろうかな~~。」
唯 「おにく~~おにく~~はおいしいよ~~だっておにくだも~~ん♪」
愛依「おねえちゃんその歌意味分かんないよ。でも、良い歌だね。」
奏 「愛依、実は私・・・箸が持てない病なんだーーーー!!だからお肉焼いて食べさせて欲しいんだけど~~♪」
優太「うわ・・・なにコレグダグダ・・・。色々あったな。でも、コレからなんだよな・・・今が終わっても、未来はきっと違う今がオレ達を待ってる。」




これは、夢を追い続けるの物語。




優太「よし、往くぜお前等!!肉が、そして未来(あした)がオレ達を待ってるぜ!!!!!」
『『『『『『『バッチこーい!!!』』』』』』』
優太「何か知らないけど最後だけもの凄い団結力だったな・・・。」




これは、夢を追い続ける漢の物語。
それはとても長いようで、短かった日々の物語・・・。
思い返した思い出の数だけ漢は前へ進み続けた。
その心に残ったのは・・・
かけがえのない、かけがえのない・・・



『一番の宝物』


その宝物を胸に漢は歩き続ける、未来への道を・・・そして漢は・・・
これは、夢を追い続ける漢の物語。





~あらすじ語~高校生編⑨「一番の宝物」 完。。
スポンサーサイト
[ 2007/11/29 00:00 ] 小説(完全版) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osakituki.blog16.fc2.com/tb.php/189-dc199d16








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。