スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一工程省いた程度で劇的に作成スピードが向上した件について・・・。。

ふむ、朝にアイコンだけでも作ろうと思っておもむろに始めたら何時の間にか完成していたと言う罠!!
あ、でも別に問題ないのか・・・。
早い分には何の問題も無いはず!!
と言うわけで今回は「チルノ」テーマを作りました!!
チルノ1(PSP)
以下アイコンイメージ↓
げ~む(チルノ1) みゅ~じっく(チルノ1)
ゆ~えむでぃ~(チルノ1) ぴ~えすぴ~あっぷで~た(チルノ1)
別壁紙はこちら↓
チルノ2(PSP)
DLはあぷろだ辺りからどうぞ。。
本当に一工程省いて作っただけなんだ・・・。
まさか一時間で全部終わっちゃうとは思わなかったな。
予定では今日アイコン作って明後日の朝に壁紙作ったり減色して・・・その夜にでも完成させてうpろうと思ってた。
まあそんな幻想予定は置いといて・・・。
どうでもいい話だが、最近DLランキングに載らないんだよな・・・。
オレのテーマが悪いからだろうが・・・最近はてんであぷろだのランキングにかすらない
躍起になって狙ってるわけでも無いからどうでも良いのだが・・・。
それでも目に見えて分かっちゃうからどうも凹んだりするんだよな。
やっぱ東方みたいなマイナーな作品はもう時代的に好まれないんだろうか・・・。
まあそんなの関係無しにこれからも作り続けるんだがな。。
きっとオレのテーマにインパクトが足りないんだよな!!
よし、コレからはそれとなくインパクトを持たせられるように頑張ろう。
そういえば随分前に誰かさんに送ったメールの返事・・・帰ってこねぇな・・・。
そんなに忙しいんだろうか。
まあ最近ちょこちょこ覗きにきてるのは「訪問者リスト」見ると分かるんだけど。
元気にやってるんだろうか・・・またブログの方も更新止まったし。
待ってる人、オレも含めて結構たくさん居ると思うんだけどな・・・。
さて、コメ辺のあとには恒例になったのかもしれない「キャラ語~東方編~」をお送りします!
みんな忙しいんだな・・・コメントが少ない・・・。
あ、ちなみに次回は『くれないみすず』さんを作りたいと・・・。
美鈴 「私は紅美鈴(ほんめいりん)じゃーーーーーー!!何度言ったらわかってもらえるのかな!?」
失礼。次回は『紅美鈴』を作ってきます。。


~雪徒家のポスト~
「メフィストさん」
学校選びに慎重になるのはいいが、あまり悩んでてもしょうがないと思うが。。
オレ個人の意見だと公立の方がいいんじゃなイカ?
私立は本当にお金掛かっちゃうし、勉強が好きでもないのに毎日勉強勉強は辛いと思うな・・・。
本当は楽な方より少し難しい方を選ぶべきらしいのだが・・・最終的には自分が高校でどうしたいか考えて決めればいいんじゃなイカ?
100円商品ばっかり買うのは最悪とまでは言わないけど他の本当にお金の無い人たちのことも考えて欲しいな。
学生にはひょこひょこ出せる額じゃないからな・・・。
非コメはできてたよ。
問題無く見させてもらったさーーー。




「むったんさん」
そうだな。オレにそんなの頼むなら一週間前には言ってもらわないとパニくるな。。
忙しくはなかったけど急に用事が入ることもあるからな・・・。
でも農繁期よりは全然暇になったな。
へぇ~ファイル譲ってもらえることになったんだ~。
それは良かったですな。。
合唱祭もそこはかとなく盛り上がったのかな?
まあ今しかできないことも色々あるから日々を大切に過ごすといい。


~チルノ語~
チルノ「それじゃあ!次回も見てね!!」
優太 「バカ野郎・・・今から始まるんだよ。」
チルノ「おお、そうだったけ?悪い悪い!!」
優太 「誠意のない謝罪ありがとうございます。」
チルノ「今日はアレだったけ?ギャラについて話すんだったよね?」
優太 「あ、そのネタは初回放送の時にやった。」
チルノ「それじゃあ・・・ユータの淫魔伝説語?」
優太 「それは第二回放送の時にやった。つかオレはそんなことしてませんからね。」
チルノ「え~?じゃあ緊縛について??」
優太 「それは三回目にやった。」
チルノ「あ!大ちゃんがユメショウセツってので賞を取ったからその話か!!」
優太 「前回やったよそのネタも!!お前本当にバカだな!さっき事前にやること説明しといただろう!?」
チルノ「今日のアタイは昨日のアタイより数倍強いぞ!!」
優太 「だから!そんなこと聞いてねぇよ!!人の話を聞け!!」
チルノ「冗談冗談!!ちゃんと分かってるよ!私自身について話せばいいんだろ?」
優太 「そうそう。分かってるならいい。」
チルノ「私って何で一般的に『⑨』って呼ばれてるの??」
優太 「自分のことなのに知らないの!?」
チルノ「うん。ユータは知ってるの?」
優太 「え?確か・・・花映塚のマニュアル内にある画面説明でお前の所に⑨ってふってあったからだったかな。」
チルノ「それで、その『⑨』って何て意味なの??大ちゃんに聞いてもはぐらかされるんだよね・・・。」
優太 「(どうする?正直に『バカ』って意味だよって教えるべきか・・・しかし・・・。)」
チルノ「ねぇねぇ、何て意味なんだよ~~。」
優太 「チルノ・・・『⑨』ってのは、『最強(のバカ)』って意味なんだぜ。」
チルノ「やっぱり!?アタイも薄々そうだと思ってたんだよね!だって一の桁で一番大きいのって⑨なわけじゃん?つまりそれだけ強いってことだろうってね!!!」
優太 「ああ、そのとうりだ!お前は自他共に認める『最強(のバカ)』だ!!」
チルノ「ははは!!!やっぱり?アタイもう向かうところ敵無しって感じ!?」
優太 「ああ。多分な~。」
チルノ「じゃあこのノリに乗じてあのムカツク巫女をノシてくるから!!」
優太 「おお、頑張れ~~ノシ」


~1時間後~


チルノ「すいません。アタイ、調子乗りすぎました・・・マジでスンマセン・・・。」
優太 「あ、チルノ。思ったより早いお帰りだったな。」
チルノ「すいませんすいませんすいませんすいませんすいませんすいません!!!!!!!!!!!!」
優太 「どんだけ凄いトラウマ弾幕やられたんだか・・・。」
チルノ「トラウマって言ったらさとり様ですけどね・・・。」
優太 「お、ツッコむ元気が出てきたか。」
チルノ「ユータ!!何が『最強』だよ!!全然敵わなかったよ!!?」
優太 「え、そんなの当たり前だろ・・・。まさかマジで霊夢に勝つつもりだったのか?本当にバカだな・・・。」
チルノ「半分以上お前が乗せたんだろう!?」
優太 「霊夢に挑戦しに行ったのはお前だろ。」
チルノ「あ!!つまり巫女だったから悪いんだ!!そうだ、そうに決まってる!!よし、次は門番辺りとやってみればいいんじゃなイカ!?」
優太 「美鈴と?無理じゃね?つかその語尾、幻想卿で流行りだしたの?」
チルノ「だってアイツいつも寝てるし!きっとそんなに強くないんだ!そうだ、そうに決まってる!!」
優太 「どうだろうな~。まあお前自称『最強』な訳だし、以外とイケルのかもな。」
チルノ「そうだよね!!アタイ最強だもんね!!じゃ、早速行ってくる!!!」
優太 「おお、頑張れ~~ノシ」


~さらに一時間後~


チルノ「あ、アイツ・・・実は北斗神拳の伝承者か何かなんじゃなイカ!!?むっちゃ強かったぞ!!!」
優太 「まあ伊達に紅魔の門任されてる訳じゃないだろうからな・・・。」
チルノ「くっそうぅ!!一体全体何故に勝てない!!」
優太 「バカだからじゃないのか?」
チルノ「それは認める!!なんて言っても妖精だからね!!」
優太 「(今まさに自分で『⑨(バカ)』と認めたな・・・。)」
チルノ「あ~あ・・・アタイ最強のハズなのにな~~。」
優太 「どうしてそう思うんだ?」
チルノ「だってさ非想天則でプレイヤーキャラになったし、アタイ主役の妖精大戦争なんて作品もでた訳だし・・・。」
優太 「毎回のように霊夢や魔理沙は主役張ってるぞ。」
チルノ「そりゃ主人公なんだからしょうがないじゃなイカ。」
優太 「お前も一回だが主人公になったじゃねぇかよ。」
チルノ「でも結局昔から強い奴には敵わないよ・・・。」
優太 「諦めるのか?」
チルノ「だってソレしかないじゃん。」
優太 「バカ野郎。そうやって投げ出すくらいなら最初から『最強』なんて名乗るんじゃねぇ・・・。『最強』ってのはどんなことにも負けないから『最強』なんじゃないのか?」
チルノ「でも・・・実際は巫女にも門番にも負けたし・・・。」
優太 「お前・・・自分にまで負けてもいいのか?」
チルノ「自分に・・・?」
優太 「勝負に負けたから敗者じゃない。それでも立ち上がって前に進む奴が勝者だ。こんな所で止めちまって、本当にいいのか?」
チルノ「いやだ・・・。」
優太 「だったら立てよ・・・そしてもう一度挑戦するんだ!自分自身に負けない限り、お前は敗者なんかじゃないぞ!!」
チルノ「そうか、そうだよね!!うん、わかった!!アタイもう一回やってみるよ!!!」
優太 「そうだ!その意気だぜチルノ!!」
チルノ「よ~し!!じゃあ次は最近キャラ被りだしてるアイツと決着をつけてくるよ!!」
優太 「え、そんなキャラ居たっけ??」
チルノ「あの鳥頭だよ!!非想天則で一緒に追加されて以来・・・どうもお株を取られてる気がするんだよな!!」
優太 「そうか~?何かの勘違いじゃね??」
チルノ「いーや違うね!!奴からアタイに対する敵意はありありと伝わってくるわけよ!!」
優太 「お前が勝手に敵意持ってるだけなんじゃ・・・。」
チルノ「よし!!じゃ、三度目の正直!次こそは必ず勝って、勝利を君にプレゼントするぜ!!」
優太 「別にそんなの要らないけど頑張ってこいよ~~ノシ」


~さらにさらに一時間後~


チルノ「どーゆうことだ!!?」
優太 「お、チルノおかえり。どうした?」
チルノ「どうして!?何で勝てないの!!?アタイ、自分自身に負けなかったから勝てるんじゃないの!?」
優太 「いや、実際勝てるかどうかはお前の努力しだいだろ?」
チルノ「そんなバカな!!じゃあ何度やってもダメってことなんじゃ!?」
優太 「そうじゃなくて・・・勝つ負けるなんてやってみなくちゃ分かんないって話・・・。」
チルノ「つまり・・・何度も諦めず挑戦しろ・・・と?」
優太 「そうそう。」
チルノ「そうか・・・そうだったのか・・・よし!!四度目の正直!!次こそ、次こそは勝ってみせる!!!」
優太 「全然学習しねぇなコイツ・・・本当に⑨野郎だぜ・・・。」




~チルノ語~完。。
スポンサーサイト
[ 2010/11/15 20:24 ] カスタムテーマ | TB(0) | CM(6)

書き込みシテナカッタ・・・

テスト勉強のせいで・・・
まぁやっと終わったんだけどね・・・
誰かさんって俺の知ってる人かな?
あとそろそろで俺の嫁が・・・
どんな風になるか楽しみだな~
んじゃカスタム待ってますさいなら~
[ 2010/11/17 16:14 ] [ 編集 ]

No title

お久しぶりです
受験がありまして、
いろいろといそがしくコメントできませんでした・・・

ついにPSPを変えまして、改造できる2000を買いました
○ボタンの感触がある!
アナログパットがきく!
いろいろと改善されてうれし~
なんか楽しみが増えた気がします。
もうすぐモンハン3rd発売だ!
楽しみだ
[ 2010/11/16 22:57 ] [ 編集 ]

やる気が

大惨事世界対戦(一番くじ)の結果を報告するぜぃ
無かった!
5時に行ったのに3時に買い占め厨がやってきて箱買いしていきやがった と店員が言ってた
第一字世界対戦(午後ティーの応募)は大敗
大虹世界対戦(クリアファイル)は勝利
大惨事世界対戦(一番くじ)は参加さえできてない






   orz
[ 2010/11/16 21:33 ] [ 編集 ]

No title

けいおんの一番くじダーーーーー!!
もう箱買いしてる買い占め厨がイルーーーーー!!
ぶっちゃけた話G賞のグラスは家でつかえねェーーーーー!!
FかH賞のどちらかがいいよね
学生だから2回ぐらいしかできない、、、カネェ、、、


そうですね公立の方がいいですよね 
勉強ガチガチはイヤだし
それに俺には夢があるからね
[ 2010/11/15 23:59 ] [ 編集 ]

久しぶり

一番乗りだ! ではなかった!!お久しぶりです。煉獄から性懲りなく這い蹲って来ました、キオです。何故だろう、このサイト。見ないうちに女性キャラでいっぱいだ・・・   ブログをリニューアルしたのでその報告を。てか、冒頭のアレは俺の事でしょうか?だとしたらすみません。最近、ロボット作ったりしていて時間ないんです・・・    なんか皆さんイカ娘に心中のようで。そんなにおもしろいのか?どちらにせよ禁書アニメが一期の二の舞になりそうで恐怖です。
[ 2010/11/15 23:39 ] [ 編集 ]

No title

なぜコメがこないかって?
それはプロともになっても更新がのらないからなのでは?
合唱は銅未満w
[ 2010/11/15 23:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osakituki.blog16.fc2.com/tb.php/179-d602c320








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。