スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今回は豪華二本立てです!!何がって・・・最後まで読めば分かる!!いや、だから最後まで読めば分かるから読まないで帰るのはヤメテェーーーー!!!

~雪徒家のポスト~
とりあえず、最近冒頭でコメ辺した方が良いんじゃね?と気付いたので習慣化しつつあるコメ辺をしてみちゃったりしようと思います。
千草「さあ、始まるざますよ。」
鳳仙「行くでがんす。」
唯 「フンガーー!!」
優太「まともに始めろよ!!つか、今更このネタキツイよ!!!」




「メフィストさん」
うん、以前が地味な変わりかただったからな・・・。
まあ正直ソコまで気にしてないから大丈夫さ。
「バクマン。」読んだよ。
今巻を簡潔に説明するなら・・・岩瀬乙
彼女も色々大変だな~と思うがあまり関心の無い私です。
ああ、たまにあるよなそーいう名前の正しい発音の仕方。
オレは今回別に間違ってなかったけど割りと分かんないものだよな。
アニメ見る前に調べたんだが本当に敦さんだったよ・・・。
うん、まあ違和感は無いからいいかな。と思う。。




「むったん☆さん」
三期うんぬんより今は映画とか二期のDVDが気になってるから考えてる暇無いんだよね。
通信できる人がまったく傍に居ません。。
友達居ないんじゃないんだよ、そういう友達が少なすぎるんだよ!!
秘伝やってみたけどアレHARDでやると人間ができるLEVEL超えてる気がした・・・。
ホッチキスすら上手くできないこの有様・・・。
まあその内できるだけやってみせるさ。
今はNORMALを全員パーフェクトにしようと頑張ってる。
意外とパーフェクト出すのも難しい。
何度も同じ所でリトライだぜ。




「ありとあらゆる物を破壊する者さん」
ああ、オレもネトゲにハマってた時期があった・・・。
お金が毎月かかるし、そんなにまとまった時間が取れなくなっちゃったから止めたんだけどね。
「ラテール」か、名前だけなら聞いたことあるな。
どんなのかまでは知らないんだけど・・・。
物によるけどネトゲが快適にできるPCは相当高いスペックを要求されるらしいよ。
だから通常のパソでは重くなって当たり前だから。
大丈夫それが通常だと思えばきっと苦にならないさ!
例のアレは最後まで読めば分かる仕様になってます。
じゃ、最後までしっかり読むようにノシ




「なくらさん」
いや、別に遅くてもコメしてくれるだけありがたいから。問題ない問題ない。
テストか~。結果とかは別に興味ないけど、あまり適当にならないようにな。
タイトルがついててもついてなくても別に毎回気にしてないオレが通りますよ~。
実際二回きてました。別に珍しいことでもないのでスルーしてもよかったけど、せっかく言ってくれたのでリアクションとってみました。




「名無しさん」
まあブログ名が「げ~むな日々」なんでね。
げ~む買わせるためにやってるわけじゃないけど、そうやって思ってくれる人が増えるようにやってる節もあります。
財布の中身と相談して購入は検討してください。
名前書いてなかったんで上記の名前になっちった。
今後は書き込むようなら名前考えといてねぇ~。


~放課後語~
梓 「・・・。」
紬 「梓ちゃん、どうしたの?何だかさっきから一言も発してないみたいだけど・・・。」
梓 「いえ、何て言うか・・・その・・・。」
澪 「何だ?遠慮せずに言ってみろ、梓。」
律 「そうだぞ~?悩みとかがあるなら私たちにも話してみろって~。」
唯 「ああ、今日のケーキも美味しいね~~。」
優太「唯、ココは空気読もうぜ・・・。」
唯 「え~?空気を読んで、場を和ませようとしたんだよ~。」
優太「ふ~ん、そうかよ。」
唯 「あずにゃん。何を言われても私たちが何とかしてあげるよ!!ささ、言ってみたまへ~。」
梓 「唯先輩・・・。それじゃあ、お言葉に甘えて・・・。」
唯 「うんうん、素直なのが一番だよ~。」
梓 「何でみんなしてげ~むに勤しんでるんですかーーーーー!!!」


・・・・・。


唯 「え?何か問題が??」
梓 「ありまくりですよ!!練習しなくていいんですか!?」
律 「いや~コレも練習の一環だから・・・。」
梓 「げ~むのどこが練習の一環なんですか!?ただ遊んでるだけじゃ・・・。」
澪 「いやいや梓、コレはコレでリズム感を養えていいんだぞ。」
梓 「澪先輩まで何言ってるんですか!!どう考えてもココは怒る所ですよ!!」
澪 「いや、私も最初は怒ったんだけど・・・やってみたら予想以上に面白くってな。」
梓 「ハマっちゃったんですか!?」
澪 「いや~・・・はは、参ったよな~~。」
紬 「梓ちゃんもやってみれば分かるわ。はい、げ~む機。」
梓 「え!?いや、私はいいです!一人でも練習します!」
唯 「ほらほらそう言わずに・・・。」
梓 「だからいいですって!」
唯 「あずにゃんが冷たい・・・。」
梓 「え゛!?」
唯 「うう、ちょっとだけなら試してくれてもいいのに・・・。グスン。」
梓 「ええ、あ、あのあの・・・そんな泣かなくても・・・。わ、分かりました!やります、やりますから!」
唯 「え!本当!?ワーイ!」
梓 「(あれ?もしかしてはめられた?私はめられた??)」
紬 「私のを貸してあげるから梓ちゃん使って。」
梓 「あ、どうも。えっと、『けいおん!放課後ライブ!!』??ああ、前に唯先輩が言ってた奴ですか。」
唯 「そうそう、みんなにやってもらったら見事にはまってくれてね。」
梓 「へぇ~。唯先輩にできるなら私にもできそうですね。」
唯 「さらりと酷いこと言われた!」
優太「いやいや、梓。油断しない方がいいぞ?意外と難しいから・・・。」
梓 「そうなんですか?まあげ~むオタな優太先輩が言うんだからそれなりに難しいんですね。」
優太「梓、何かすっごくHEN☆KEN入ってね?オタって何?オタって!!」
紬 「とりあえず、『えんそう!』を選んで、次に曲を選ぶの。」
梓 「わぁ~、意外と種類がありますね。あ、難易度もNORMALとHARDがあるんですか。」
紬 「私はまだHARDはやったことないけど、NORMALでも☆の多い曲はそれなりに難しかったわ。」
梓 「じゃあまずは☆の少ない『私の恋はホッチキス』からやってみます。」
紬 「次にキャラクターを選ぶんだけど、一人一人演奏の仕方が違うから好きな娘を選んで。」
梓 「じゃあ、このツインテールな娘にしておきます。」
律 「中野繋がりか?」
梓 「いえ、中の人繋がりです。」
澪 「それって結局同じ意味なんじゃ・・・。」
優太「つかそれ以前に選択画面でツインテールかどうかなんて分からなかったと思うんだが・・・。」
雪徒「ソコはノリとかでカバーってことで!!」
優太「単にお前が無計画なだけだろ!!」
梓 「は!!何だか青少年健全育成条例に違反しかねないような画像が出てきたんですけど!」
唯 「ああ、コレは別に問題ないよ。」
梓 「ええ!!だってコレ、は、はだ・・・!」
優太「確かにそう見えなくも無いが・・・だがしかし、そうやって想像してしまった時点で製作者の思うツボだ。」
律 「そうだな、実はそう見えるだけ~~って向こうは言うかもしれないからな。」
澪 「で、でもこの画面は何だか恥ずかしいから早く進んでくれ、梓。」
梓 「あ、はい。え~と・・・アイテム選択?」
紬 「リズムげ~むには珍しいかもしれないけど、アイテムを使うことで演奏が楽になったり、色々な効果があるのよ?」
梓 「そうなんですか・・・。あ、でも最初だからココはノーアイテムで行きます。」
律 「ほほう。調子に乗って、後で泣くなよ~?」
梓 「泣きませんよ!コレくらいで!!」
紬 「この娘は割と入力するボタンが特殊なのよ。」
梓 「ふんふん。」
紬 「ホッチキスはそんな難しい物はないからあまり気をはらずにやってみて。」
梓 「はい。わかりました。え~と、□、□・・・。」
優太「お、流石にリズム感があるからか目立ったミスが無いな・・・。」
梓 「あ、この×の棒は?」
唯 「押しっぱなしだよ~。」
梓 「そうですか、こうかな?あ、上手くいった。」
律 「もう終わり際なのに一回もミスとか無いな・・・。コレはもしかすると・・・。」
梓 「×長押し、×長押し・・・終わりました!!あれ?MC??」
澪 「何でもいいから重なったら押せばいいんだよ。」
梓 「わぁ、しゃべりました!」
律 「しかし、まさか初っ端からパーフェクトを出すとは・・・梓やるなー。」
梓 「まあ私にかかればこのくらい・・・。」
唯 「じゃああずにゃん、次行ってみようよ。」
梓 「そうですね、えっと次はどれにしようかな・・・。」
唯 「『じゃじゃ馬Way To Go』何かオススメだよ~。」
梓 「その前に『ふわふわ時間』がやってみたいです。」
紬 「何だかすっかりハマっちゃったみたい。」
澪 「いや、コレは普通に面白いよ。梓がハマるのも分かる。」
律 「澪ちゃ~んも大ハマりしましたもんね~。」
澪 「何だよ律、そんなこと言ってるともう通信で手伝ってやらないぞ。」
律 「ふん、私をなめるなよ?コレでも練習しまくってHARDくらい楽勝なんだぜ!!」
澪 「ふ~ん、じゃあ見せてくれよ。」
律 「いいぞ~。じゃあ『Girly Storm疾走Stick』で・・・。」
澪 「・・・。」
律 「ふんふん~♪」
澪 「・・・。」
律 「あ、ミスった。ま、まあ一回くらい・・・。」
澪 「・・・。」
律 「あ、あれれ??リズムキープが上手くいってないな~~はは・・・。」
澪 「・・・。」
律 「あ、クソまたミス・・・もういいや。無理無理。」
澪 「結局全然できてないじゃないか。」
律 「しょうがないだろ?アレ結構難しいんだぞ!!」
澪 「それはそうだけどさ・・・自分で言っておいてその様は無いと思う。」
律 「じゃあ澪がやってみろよ!!それだけ言うってことは完璧なんだろ!」
澪 「いいよ。じゃあ曲は『Heart Goes Boom!!』で。」
律 「・・・。あれ?普通に上手い・・・。」
澪 「・・・。」
律 「え?何であの↓連続入力が上手くいくんだ・・・。」
澪 「・・・。」
律 「う、あの複雑な同時押しと単発押しを華麗に決めている!!」
澪 「終わったぞ。あ、Sか。5、6回ミスしたのによくいったな・・・。」
律 「まず、何でそんなにできるの?」
澪 「練習したからだよ。」
律 「ああ、さいですか・・・。」
澪 「コレに懲りたら少しは真面目に練習するんだな。」
律 「はい、そうします。」
紬 「一応、げ~むだけじゃなくてコッチも練習した方がいいと思うんだけど・・・。」
優太「ムギ、ソレはきっと言ったら負けだ。」
紬 「でも、みんなが楽しければそれでいいのかも。」
優太「ああ、それは言えてるな。あ、ムギお茶おかわり。」
紬 「うん、少し待っててね。」
梓 「ふう、私も大分慣れてきました。」
唯 「あずにゃんは呑み込みが早いね。私は始めの方は結構苦労したんだけどな~。」
梓 「そういえば唯先輩はどれくらいできるようになったんですか?できれば見せてもらいたいです。」
唯 「私のを?うん、いいよ~。何がいい?」
梓 「じゃあふわふわで。」
唯 「ふわふわか~。アレって結構複雑なんだよね。」
梓 「え?そうでしたか?さっきやった時はそんなでも・・・あ、HARDの話ですか?」
唯 「ううん。秘伝。」
梓 「秘伝?」
唯 「うん。ほら、まずは見てて。」
梓 「はい。えと、あ・・・秘伝ってアイテムのことか・・・。」
唯 「ふふんふふんふんふん・・・。」
梓 「え?」
唯 「♪~~」
梓 「(は?コレなに?何が起こってるの?てかこんなの何で平気でできるの!?)」
優太「ああ、唯はげ~むをとことんまで極めるタイプだから最終的に凄く上手くなるんだよ。」
梓 「いや、コレもう上手いってLEVELじゃないですよ!!何でできてるのか全然わからないです!それ以前に心の中読まないでくださいよ!」
優太「ん?ああ、悪い悪い。つい、な。」
梓 「あ、あ・・・。」
唯 「できた!やったよあずにゃん!自己ベスト更新したよ!!」
梓 「う、うう・・・自信なくしました・・・。」
唯 「ええ!!?どうしたのあずにゃん!オーイ帰ってこーい!」
梓 「うう、こうなったら・・・やってやるです!!」
唯 「え?何が・・・ってあずにゃん!?どこ行くの!!?」
紬 「あ、私のPSP・・・。」
梓 「すいません!!返し忘れるところでした!!じゃ、私用事があるので帰ります!!」
律 「え?ああ。うん。」
澪 「どうしたんだ?梓の奴・・・。」
唯 「?????」
優太「変な対抗心燃やされたらしいな・・・。」


次の日。。


愛依「梓ちゃんおはよう。あれ?どうしたの朝からげ~む何て・・・。」
奏 「中の人繋がりか?」
梓 「意味分からない。」
愛依「カナちゃん。確かに私もソレは分からなかったな。」
奏 「ほら最近始まったあの『俺の(ry』ってアニメの・・・。」
愛依「ああ、そういう話か。解説入れないと分からないようなのギャグじゃないよね。」
奏 「そうかな?まあ、愛依がそういうならそうなのかも。」
愛依「それより何のげ~むやってるの?梓ちゃん。」
梓 「コレよコレ。」
奏 「ああ、最近ユータとかチグサとかユイ義姉さんがハマってる奴か。」
愛依「あ、おねえちゃんに勧められたとか?」
梓 「ううん、違う。ちょっと悔しくって・・・。」
愛依「え?」
梓 「いや、昨日の放課後・・・。」


愛依「そんなことがあったんだ。」
奏 「確かに義姉さんはその手のげ~むをやり込むと限界まで行っちゃう人だからな。」
梓 「うん、昨日見た感じだとかなり極めてて・・・。」
愛依「ああ・・・確かに夜な夜なおにいちゃんとかと三人で燃えてるからな・・・。」
梓 「兎に角私もスグに追いついてやるって思ったの。」
奏 「ふむ、まあ頑張れ。」
愛依「うん、応援するよ。」
梓 「ありがと。放課後は唯先輩にリベンジするんだ。まだ、HARDを少しかじった程度だけど・・・。」
愛依「大丈夫だよ。おねえちゃんきっと喜ぶよ。『あずにゃんがハマってくれたワーイ!』とか言ってね。」
奏 「義姉さんなら言いそうだな。」
梓 「確かに・・・そうかも。よし、じゃあもう少し頑張って練習しようかな。」


んでもって、放課後。。


梓 「唯先輩!!」
唯 「あずにゃん!もう、昨日はイキナリ帰るもんだからビックリしたよ。」
梓 「まだ唯先輩しか来てないんですか?」
唯 「うん。澪ちゃんとムギちゃんは掃除で、りっちゃんは会議があるんだって。」
梓 「そうなんですか・・・。調度よかったです。」
唯 「え?何が~?」
梓 「唯先輩に大事な話があるんです!」
唯 「えっ!!?あ、あずにゃん困るよイキナリそんな・・・。」
梓 「本当に大事なことなんです!聞いてください!!」
唯 「あ~~、でも私はいたってノーマルで・・・。」
梓 「って、何の勘違いしてるんですか・・・。」
唯 「え?告白しようとしたんじゃないの??」
梓 「違いますよ!!」
唯 「じゃあ何の話?」
梓 「コレで私と勝負しましょう!」
唯 「え?げ~むで?というか、あずにゃん買ったんだ。」
梓 「そうです。同じ曲を同じキャラでやってどっちがスコアが上になるか競うんです!」
唯 「あ、それは面白そうだね。やろうやろう。」
梓 「じゃあ曲は何にしますか?」
唯 「『ギー太に首ったけ』にしようよ。」
梓 「わかりました。難易度はHARDでお願いします。」
唯 「うん、じゃあキャラはどうするの?」
梓 「じゃあココは空気を読んでツインテールの娘で・・・。」
唯 「あずにゃん、分かってるね!!」
梓 「いや、それほどでもないです。」
唯 「えらいね~。そんなあずにゃんにはこのネコミミをつけてやることを許そう。」
梓 「丁重にお断りします。」
唯 「あう、つれないな~。」
梓 「ほら、始まりますよ!」
唯 「あ、本当だ。」
梓 「(えっと、『ギー太に首ったけ』は割と早い曲だったっけ。)」
唯 「(はぁ~あずにゃんも可愛いけどこのツインテールの娘も可愛いな~。それにしても二人は似てるな~。)」
梓 「(はっ!唯先輩のあの笑顔!この曲が得意なのかな?)」
唯 「(あれ?何かあずにゃんがこっちを睨んでるような?気のせいか・・・ああ、でもあんな顔のあずにゃんも可愛いな~~。)」
梓 「(笑顔のままプレイしている!?どれだけ余裕なんですか!?)」
唯 「(あ、しまった!!あずにゃんに夢中でほとんどできてない!!ま、でもいいか・・・。)」
梓 「(凄い、さっきから淀みなく手が動いている・・・。うう、私なんてさっきからミスが目立つよ~。)」
唯 「(う~~~ん。何だかさっきからタイミングが微妙に合わないな~~。でも、そんな時は適当に押しとけば大丈夫だよね。このげ~む判定甘いし。)」
梓 「(うう、不味い不味い!!何とかスペシャル演出は出たけど、コレはスコア低そうだな・・・。)」
唯 「(あずにゃん何だか落ち込んでるな~~。あまり上手くできなかったのかな?)」
梓 「私は210150でした・・・。唯先輩は・・・?」
唯 「凄いねあずにゃん!私は198890だったよ。」
梓 「え?」
唯 「えへへ、負けちゃったな~~。でも、楽しかったーーーー!!」
梓 「楽しかった?」
唯 「うん、あずにゃんとげ~むで遊べて楽しかったよ!ねえもう一回やろう!もう一回!!」
梓 「・・・しょうがないですね。わかりました。もう一回やりましょう。」
唯 「ワーイ!じゃあ次は何の曲にする??」
梓 「(そうだ・・・勝ちや負けじゃない。楽しむってことが大切なことだったんだ・・・。)」
唯 「あずにゃん?」
梓 「唯先輩、ありがとうございます。」
唯 「ん?急にどうしたのあずにゃん。」
梓 「何でもいいじゃないですか。次は『カレーのちライス』にしましょう。」
唯 「うん、いいよ。今度は負けないぞ~。ふんす!」
梓 「私も負けませんよ!!」


ガラっ!!!


律 「大変だ!!聞いてくれみんな!!!」
唯 「あ、りっちゃん。どうしたの慌てて・・・。」
律 「そ、それが・・・。ぜぇ・・・ぜぇ・・・!」
梓 「律先輩、とにかく落ち着いてください。」
律 「はぁ・・・はぁ・・・、実は・・・。」
唯 「??」
梓 「??」
律 「文化祭が今週の土曜だってことを今日の会議で思い出した!!」
唯 「え?文化祭??」
梓 「それがどうかしたんですか?」
律 「いや、全然練習してないじゃん!!げ~むばっかしてたから!!!」
唯 「あ、それもそうか。」
梓 「納得してる場合じゃないですよ!!それじゃあ早く練習しましょうよ!!」
律 「うっ!!だが、まだ澪とムギが・・・。」
澪 「悪いな~遅れて・・・。」
紬 「あら、どうしたのみんなそんなに血相変えて・・・。」
律 「細かい説明はあとだ!!今は一分でも早く練習するんだ!!」
澪 「え?あ、ああ。」
紬 「りっちゃんがやる気満々だと凄く心強いわ。」


律 「で、一通り練習したわけだが・・・。」
澪 「何か最近やってなかった割に良い感じに音がまとまったな。」
紬 「うん、何か本当に良かったと思うわ。」
梓 「私もビックリです。最近確かに練習という練習してなかった気がするのに・・・。どうして?」
唯 「多分コレのお陰だよ。」
律 「え?げ~む?」
澪 「確かにげ~むは毎日やってた気がする・・・。」
紬 「きっとソレが良い具合にマッチしたのね。」
梓 「げ~むって言ってもバカにできないですね。」
唯 「ありがとう。『放課後ライブ!!』お陰で救われたよ。」
律 「よし、そうと決まれば別に練習する必要無いな!!ムギ、お茶の準備だ!!」
澪 「いや、だからって練習しなくていいことにはならないだろ!!」
梓 「そうですよ!折角なんですからもう少しやりましょうよ!」
紬 「そうね、私も今はコッチがやりたいかも。」
唯 「やっぱ生ギー太は違うな~。大丈夫だよ~、もう離さないからね~~。」
律 「えぇぇ!!今回もオチ担当かよ!!何かやるせない・・・。」
唯 「よ~~し、飛ばすぜ!全力でついてこーーーい!!」




~放課後語~  完。。




~禁書目録Ⅱ語~
優太「問題!テーレン!!最近巷で有名なカスタムテーマ職人雪徒さんが管理している超有名なブログの名前は!?」
鳳仙「はい、『げ~むな日々』!!」
優太「イキナリ正解でムカつく!!次!!」
千草「はい、『えろげ~な日々』!!」
優太「それじゃ18禁になるだろ!普通に全年齢対象です!次!!」
唯 「はい、『とある魔術の禁書目録』!!」
優太「元ネタだろ!!次!!」
奏 「はい、『愛依育成論』!!」
優太「ポケモンか!!次!!」
由紀「はい、『ことあるごとにあぷろだ』!!」
優太「いつもお世話になってま~す。次!!」
愛依「はい、『色々三分クッキング』!!」
優太「何か主婦に人気そう!!次!!」
蓮 「はい、『冷やし中華始めました』!!」
優太「勝手に始めてろ!!次!!」
鳳仙「はい、『もう、殴られるのは勘弁です』!!」
優太「お前の思ってることだろ!!次!!」
千草「はい、『蒼い疾風~BLUE GALE~』!!」
優太「完全に他人のブログーーー!次!!」
梓 「はい、『むったん☆のぐだぐだブログ』!!」
優太「むったん☆さんすんません!って、何で梓が?次!!」
奏 「はい、『愛依といちゃいちゃし隊』!!」
優太「危ないファンクラブか!!次!!」
由紀「はい、『信仰は儚き彼女のために』!!」
優太「ちょくちょく更新されててすごいと思いま~す。次!!」
愛依「はい、『高校生つれづれ日記』!!」
優太「毎回楽しく読ませてもらってま~す。次!!」
蓮 「はい、『龍紀のPSPカスタム製作所<東方Project』!!」
優太「最近更新無くって寂しいで~す。って、お前らどんだけ正解言う気ねぇんだよ!!」
鳳仙「いや、オレが初っ端から答え言ったけど・・・。」
優太「お前は黙ってろ!いいか、最後のチャンスをやる。コレで答えられなかったら罰げ~むだからな。よし、鳳仙から順番に言っていけ!」
鳳仙「『げ~むな日々』!」
千草「『げ~むな日々』!」
唯 「『げ~むな日々』!」
奏 「『げ~むな日々』!」
雪徒「『げのむな日々』!」
由紀「『げ~むな日々』!」
愛依「『げ~むな日々』!」
蓮 「『げ~むな日々』!」
優太「そこは合わせろよーーーーー!!一体どんだけ回りくどいことしてきたと思ってんだよ!一重にこの最後のためだっつうの!!誰だこの空気こわしやがったのわ!!」
雪徒「オレだぜ。」
優太「管理人自ら間違うなよ!!奏だって空気読んで最後だけ愛依ネタじゃなくしたんだぞ!?」
雪徒「あれ、オレのやってるブログって『げのむな日々』じゃなかったっけ???」
優太「真顔で言ってんじゃねぇよぉ!なんだよ『げのむ』って、ちょっとカッコイイじゃねぇか!!」
雪徒「だろ?オレもそう思うぜ。」
優太「だけど普通に違いますから!正しくは『げ~むな日々』だっつの!今日は覚えて帰れよ!」
雪徒「しょうがねぇな~、『げ~むな日々』ね。覚えた覚えた。」
優太「本当だろうな・・・。」
鳳仙「それよりダンナ。何でオレだけバシバシ殴られてたの?」
優太「え?ああ。絵も無いし、元ネタ知らない人は分かり辛いけどお前のこと確かに殴りまくったな。悪い。痛かったか??」
鳳仙「痛いに決まってるって!!何だよ、ダンナがお前にしか頼めないとか真剣に言うからやったのに・・・。」
優太「いや、お前のことを信じてたからこそ本気でできたんだ。感謝してるぞ。鳳仙。」
鳳仙「え、いや~~。まあダンナの頼みなら別に問題ないよ~。それにオレは頑丈なだけが取り柄だし。」
優太「そうか、やっぱりお前を信じてよかったぜ。鳳仙!!」
鳳仙「ダンナ!やっぱりオレ、ダンナに一生付いて行くよ!!」
千草「アホだ・・・利用されてることに気付いていない・・・。」
蓮 「そんな所も鳳仙さんらしいといえばらしいんですけどね。」
唯 「ところで今日は何の話をするの?」
由紀「そういえば聞いてなかったかも・・・。優太~、今回のネタは?」
優太「ん?ああ、今回は『とある魔術の禁書目録Ⅱ』放送開始記念をしようと思ってな。」
愛依「あ、もう始まったんだ。一話まだ見てないや~。」
奏 「む、私はソレ自体知らんのだが・・・ユータ説明頼んだ。」
優太「『とある魔術の禁書目録Ⅱ』は鎌地和馬先生の描く学園異能力SFバトルファンタジーノベルである『とある魔術の禁書目録』を原作としたアニメのことだ。」
奏 「むむ・・・横文字が多くて分かり辛いが・・・つまりは学園物なのか??」
蓮 「まあ間違いではないのですが、後半に行くにつれて『学園』物ってわけでもなくなりましたよね。」
優太「そうだな。今なんてロシアの上空にいるくらいだからな。」
蓮 「結局最新刊で右手の秘密ってわかったんですか?」
優太「いやいや、読んでない人もいるしオレもそこまで読んでないから分からないけど・・・。多分はぐらかされてんじゃね?今回も。」
蓮 「右手の秘密があの物語の核心に迫る一つの大きな秘密だからでしょうかね?」
優太「このノリだと最後まで引っ張られそうな気さえするよ。」
千草「原作最新刊の話は後にしてさ、今回の目的は『禁書目録Ⅱ』について語ることにあるんじゃないの?」
優太「む、それもそうだ。蓮、続きはあとでゆっくりしようぜ。」
蓮 「はい、わかりました。楽しみにしています。」
唯 「普通に面白かったよね~。でも『Ⅱ』って釘打ってあるとおり一期の方を見てない人には辛い内容だったね。」
由紀「う~ん。確かに用語とかキャラの関係とか色々初見の人には分かり辛い所もあったかもね。」
千草「間に『超電磁砲』があったから美琴についてはみんな分かってたと思うんだけどね。」
蓮 「というより、何かOPやED、本編に至るまで結構目立ってましたよね?アレはスタッフ内にファンが多いんじゃないんですか?」
優太「本編なんて本当に少ししか出番がなかったのにありありとその存在をアピールしまくってくれたな。」
千草「でもアレは『超電磁砲』見たあとだと色々ギャップが違くてどうかって人もいたようだよ。」
優太「馬鹿だなソイツも・・・ソコが良いんじゃないか・・・。」
由紀「よく分からないけど確かにあの御坂さんは可愛いと思っちゃったな。」
蓮 「私もメインヒロインのインダックスさんより好きですから、あのギャップに惹かれるものがあります。」
千草「インダックスじゃなくてインデックスね。」
蓮 「千草さん、冗談ですよ。わざと間違ったんですって。」
千草「なるほど。そういうネタか~。でもま、空気ヒロインだからしょうがないのかもしれないけどね~と思った私も間違ってないと思う。」
優太「いやいや、きっと今回は目立ってくれるよ。多分・・・。」
由紀「私は原作読んだことないから分からないけど、一話って何か一巻戻って五巻の話をやってたんだって?」
蓮 「ええ、一期で六巻までの話をやったはずなんですけど・・・。その時カットされてた話があって・・・。」
唯 「それが一話の話だったの?」
蓮 「はい。実際は五巻内の当麻サイドの最後を飾る内容だった部分なんです。」
優太「なんであの話がなかったのかと思ってたが・・・。まさかココで拾ってくるとは・・・。」
千草「私も原作は読んでないけど、漫画は読んでるからあの部分確かに無かったな~と不思議に思ってたんだよ。」
唯 「あ、漫画版ってでてるの?」
千草「うん。今の所は六巻まで出てて、今度11月に七巻が出るみたい。」
唯 「文字だけのは読むの辛いから、読めなくて残念だったけど漫画版があるなら私でも読めそうだよ。」
千草「じゃああとで全巻貸してあげるよ。」
唯 「うん、あとで取りに行くね~。」
優太「でも、立ち上がりとしては良い一話だったと思うよ。」
蓮 「まあ主要なキャラは出てきましたし、『超電磁砲』とは違う魔術サイドを見せられたわけですしね。」
由紀「とにかく次回が楽しみだね。」
優太「ああ、次回はオレも待ってたいわゆる『法の書』編だ。」
蓮 「原作七巻の内容ですね。」
優太「ああ、オルソラとかアニェーゼ、それに建宮が早く見たい。」
蓮 「ルチアさんとかアンジェレネさんのことも忘れちゃいけませんよ。」
優太「え?次回はソコまではやんないんじゃね?建宮出るとこら辺までじゃね?」
蓮 「う~ん、確かに尺の問題上あそこら辺が調度いいですかね~?」
優太「個人的には話数も3、4話かけてくれてもいいんだが・・・多分三話以内に決着つくな。」
蓮 「まあ前半のメインは『大覇星祭』編でしょうからね。」
優太「ああ、オレはアレだけで六話は続けるとみたね。」
蓮 「一期の時も『禁書目録』編を六話続けた英雄スタッフ達ですからね・・・。」
優太「そう考えちゃうと今回も予想以上に話が進まないまま終わるんじゃないかと心配だ。」
蓮 「優太さんは個人的にどこまでやって欲しいんですか?」
優太「いや、十三巻までだろう。」
蓮 「確かにアレで一旦の区切りはつきますね。」
優太「一期の流れでいくと絶対六巻分はやってくれそうじゃん?そう考えると十二巻までだけど、それだと導入部までしか入らないから絶対十三巻までやると思うんだよな~。」
蓮 「まさか十一巻までしかやらないってこともないと思いますしね。」
優太「考えたくないが、『超電磁砲』みたくアニメオリジナルに走る可能性もあるんだよな~。」
蓮 「ソレはソレで楽しそうですけど、ファンとしては原作を追って欲しいです。」
優太「だよな~。十三巻って言ったら『神の右席』の『前方のヴェント』と当麻の戦いとか、一方通行と木原数多の死闘とか見所ありまくりじゃん?」
蓮 「でも、そうなると『神の右席』編を半端に初めて終わる形に・・・。」
優太「いや、きっとその時は三期が・・・。」
蓮 「そうなるとゆうに十巻以上続きますから尺的に四期も無いとキツイですね。」
優太「やっぱオリジナルなのかな~。もう、下手に始めたら最後まで行くのにどんだけ苦労する作品なんだコレ。」
蓮 「そこが面白いんじゃないんですか。」
優太「まあそうなんだけどな~。」
蓮 「なにはともあれ毎週楽しく見て行きましょうよ。」
優太「そうだな。ソレが一番だよな。さて、それじゃあ来週が楽しみだな~。」
蓮 「それよりも私は原作の続きが気になるので優太さんも早く読んでくださいね。」
優太「ソレは問題ないさ。コレが公開されるときには既に読み終えてるよ。」
千草「あ~、仲睦まじく話してるとこ悪いんだけど・・・。私達のこと忘れてね?」
優太「あ。」
蓮 「あ。」
由紀「二人とも趣味の話になると周りが見えなくなるんだから困ったものだな~。」
唯 「でも、二人とも楽しそうだったね。私も頑張って原作読んでみようかな~。」
愛依「私は早く一話見なくちゃ。何だか二人の話聞いてたら気になってきちゃったし・・・。」
奏 「愛依が見るなら私も見ようかな。ついでに一期とか『超電磁砲』ていうのも気になるし。」
優太「ま、まあ今回は有意義に話せたことだし、ソレでいいじゃん。な?蓮。」
蓮 「そうですね。またゆっくりと二人で話しましょうね。」
優太「ああ。じゃあ、今日はコレで終了でいいかな?」
雪徒「優太。一ついいか?」
優太「何だお前まだ居たのか?で、何だよ?」
雪徒「ここのブログ名って『げのむな日々』であってたよな?」
優太「うわぁ~関係の無い話でオチに持って行きやがったよこの野郎・・・。『げ~むな日々』だっつってんだろ!!ちゃんと覚えろ!!」
雪徒「あ、そうだった。『げ~むな日々』ね。うんうん。覚えた覚えた。」
優太「本当だろうな・・・。」
雪徒「というわけでみんな!!これからもこの『げのむな日々』をよろしくね!!」
優太「お前喧嘩売ってるだろ?いいよ、そっちがその気なら相手になってやるよ。表出ろコラァァァアァアア!!!」
雪徒「上等だぜ。ここいらでどっちが本物か(ryしてやるぜ・・・。」
千草「何だろうね。コレはトゥルーエンドなのか?」
蓮 「ただの投げやりエンドだと思います。」




~禁書目録Ⅱ語~  完。。


というわけで今回はいわゆるSS(ショートストーリー)二本立てだったと。
そういう話でした。
最近は執筆する楽しさを思い出しましてね。
書きたいことが割りと浮かびます。
でも基本ネタとかパロディが八割を占めてるので完全オリジナルなのはサイト上では「過去語」くらいしか書けてないです。
「過去語」自体も完全に体験談なので物語では無い気もしますが・・・。
オレも自作小説書き出してみようかな・・・。
ま、半年もたなそうだからSSで我慢しよう。
そろそろ心身ともに余裕がでてきたというか、忙しい仕事も大方片付いたのでテーマ作りを再開したいのだが・・・。
気分が未だに乗らない・・・。
まだ何かが欠けてるようです。
早いうちに復帰したいものです。
とりあえず今月中に二本は「過去語」を書いときたいな~と思うんだが・・・。
どうなるかは不明。
ま、ボチボチ見守ってください。
ではでは、本日はこの辺でノシ
スポンサーサイト
[ 2010/10/12 18:11 ] ゲーム、アニメ、漫画 | TB(0) | CM(6)

No title

インダックスじゃなかったのかΣ(゚д゚lll)
まぁ、久しぶりにきた気がする
友達が雪徒さんのブログみたいに『げ~む』の『~』をつけるのにハマっていばります。注意しようと今度は間に『の』をつけるように言いたいと思います。

カスタムテーマ楽しみにしてます
[ 2010/10/18 15:48 ] [ 編集 ]

No title

お久しぶりです。
一昨日モンハン3rdの体験版ダウンロードして遊んでいたら、
急にアナログパッドの調子が悪くなり、
それからずっと不調の状態が続いている・・・
これを期にPSP新調しようかなー。
○ボタンが柔らかすぎるし、てか埋まる・・・。
UMDが読みとりにくいし、
・・・考えておこう。
最近、風邪が流行っているそうですが、
雪徒さんも体に気をつけてください。
[ 2010/10/15 23:43 ] [ 編集 ]

こんにちは・・・

こんにちは本格的に風邪になりました、
しかも合唱コン(ry
とゆう面倒な行事に引き込まれました、
だけど殺ってやるさ。
それと今回の記事は長すぎないか?
朝に読んだら遅刻するところだった。
あと欠けてるモノは精神力とか中身だと思う。
んじゃここらでさいなら。
[ 2010/10/15 17:46 ] [ 編集 ]

No title

お久しぶりです。
ついに禁書目録Ⅱ始まりましたね。
OPが特にカッコよかったです。
一方通行があまり出ていなかったので残念です・・・。

そして、打ち止めは全く出ていない・・・・。
[ 2010/10/13 22:07 ] [ 編集 ]

No title

ちゃっかり?宣伝してくれてありがとうございます!
秘伝ハードPできる人っているのか?
まぁ気合いでなんとかなる!
がんばってください!
[ 2010/10/12 21:01 ] [ 編集 ]

No title

バクマン。の岩瀬はかわいそうだった
シュージンにフラレて服部さんにもフラレ、、、
でも俺的に完全犯罪する所がおもしろかった
アニメのバクマン。の女子の制服、あれはダメだろ
明日はモンハン3の体験版配信
そして明後日は実力テスト、、、  
[ 2010/10/12 20:54 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://osakituki.blog16.fc2.com/tb.php/167-9cfea2d8








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。